スポーツのスポンサーシップ: 本当に収益性の高い戦略?

スポーツの世界において、スポンサーシップはほぼ不可欠なものとなっています。 俳優たちはこれをどうやって利用するのでしょうか? すべてをお伝えします。

今日の社会において、スポーツは世界中の何百万人もの人々が楽しむ重要な産業です。 後者は娯楽的な役割だけでなく、政治的、文化的、経済的な役割も果たします。 しかし、それを成功させるためには多額の投資が必要であり、リソースが限られているため、さまざまなスポーツ連盟やアスリートがプロジェクトを実現するための財政的支援を得ることができるスポンサーシップが優れた選択肢であるようです。

したがって、これは二者間のWin-Winのパートナーシップとして表されます。 営利企業の名前を冠した競技会やチームは、ここ数十年間、視聴者に衝撃を与えていない。 この戦略は、クラブをサポートする企業が本当にその恩恵を受けているのか疑問になるほど、言葉では言い表せないほど拡大しました。

スポーツ界におけるスポンサーの誕生

スポーツ スポンサーシップは、スポーツ分野を通じて自社のブランドを宣伝したい企業がそれを可能にするマーケティング戦略です。 実際、スポーツは何百万もの情熱的な人々を分け隔てなく結び付け、非常に特別な熱意を引き起こします。 多くの企業がマーケティング戦略にスポーツ チームを組み込むきっかけとなっているのは、群衆を団結させるこの能力です。

企業の貢献は技術的、経済的、または物質的なものであり、競技会やスポンサークラブは企業のイメージを向上させ、人気を高めるために企業の知名度を高める必要があります。 したがって、ブランドは、価値観とメディアへの露出に基づいて、スポンサーしたいスポーツ分野を選択します。 特に、フットボール、テニス、バスケットボール、そして最近ではモータースポーツがこれらの契約から最も恩恵を受ける分野であるのはこのためです。

最高のオンラインカジノと賭博サイトがスポンサーシップで代表されています

スポーツのスポンサーシップは、世界中の多くの企業でますます採用されている戦略です。 オンライン賭博の世界では、サッカー、テニス、または大勢の観客を集めるその他の分野のスポーツチームをスポンサーしている最高のオンラインカジノを見つけることは珍しいことではありません。 昔も今も 最高の信頼できるブランド オンラインカジノは引き続きヨーロッパのビッグクラブ、さらにはリーグ全体のスポンサーとなっています。 これは、たとえばバルサの 1XBET、ウェストハムの Betway、リーグ 1 の Uber Eats およびトップ 14 の Betclic の場合に当てはまります。これらは、これを行う市場で最高のオンライン カジノのほんの一部です。 クラブやリーグのスポンサーになることで、知名度が高まり、より多くのベッターを惹きつけます。

一部のスポーツスポンサー契約

大手ブランドは、スポーツの素晴らしさと、製品やサービスを宣伝する際のサッカーやテニスなどの特定の分野の重要性をすぐに認識しました。 したがって、彼らは、知名度を高め、顧客ベースを拡大し、同時に収入を増やすために、最も重要なチームのスポンサーになるために激しく戦います。 スポーツの世界を形作ってきたスポンサーシップをいくつか紹介します。

Bwin – スポーツ賭博のリーダー

あなたが本物のサッカーファンなら、レアル・マドリード、ACミラン、バイエルン・ミュンヘンなど、Bwinのロゴがたくさん入ったシャツを見たことがあるでしょう。 実際、これは長年にわたって存在している最大のスポーツ賭博プラットフォームの 1 つです。 スポーツ界、特にサッカーの分野で優れた報道を行っていることで知られています。 現在、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、ジュピラー・プロリーグのスポンサーとなっている。 数カ月前、このスポーツ賭博大手はボルシア・ドルトムントとFCヴァランスともパートナーシップを締結した。 Bwin は単に弱者を倒すだけではありません。 このブランドは、大規模なチームをサポートする方法も知っています。

ブウィンは、UEFA ヨーロッパ リーグと UEFA カンファレンス リーグのスポンサーとなり、新たな冒険にも乗り出しました。 ベルギー スーパーカップとプロキシマス リーグも Bwin と協力しており、これらすべての協力関係が継続し、それぞれの関係者が恩恵を受けることを願っています。 同社は、最も権威のあるバスケットボール競技会の 1 つであるユーロリーグのパートナーであるため、サッカー界での地位を確立しているだけではありません。 6年間で約1億5,000万ユーロ相当のレアル・マドリードとの提携により、Bwinは欧州市場での地位を大きく強化することができた。 メレンゲスは、フライ・エミレーツと契約する前に、そのシーズンに2つのリーグタイトル、1つのキングスカップ、2つのスペインカップを獲得した。

Spotify – FC バルセロナのスウェーデンの音楽プラットフォーム スポンサー

Spotify は世界最大のストリーミング プラットフォームであり、2022 年にスペイン最大のクラブの 1 つである FC バルセロナと契約を締結し、スポーツ スポンサーシップの世界への第一歩を踏み出します。 バルセロナは長年にわたりユニセフ、カタール財団、楽天からスポンサーを受けており、ついに彼らとパートナーシップ契約を締結した スウェーデンの音楽ストリーミングの王様 世界中で4億人以上の加入者がいます。 この歴史的なパートナーシップは約4億3,500万ユーロの価値があり、期間は2026年まで続きます。

クレジット: DR

この契約により、カタルーニャのクラブは、神話のカンプ・ノウ・スタジアムが現在「スポティファイ・カンプ・ノウ」と改名されて以来、初めてのこととなり、会社が希望すれば夏のトーナメントを開催できるようになる。 Spotify のロゴは、有名なブラウグラナ ジャージ、VIP 席、会議室、ミックス ゾーンに表示されます。 さらに、今後8シーズンまで1億6,000万ユーロ相当のスポンサー契約延長オプションも付いている。

ALL – PSGのスポンサー

アコー グループは数年にわたりスポーツ イベントをサポートしており、さまざまなスポーツ分野でその方針を継続しています。 特に、2006 年のワールドカップとアテネオリンピックのためにパートナーシップを締結しました。 サッカー、テニス、ゴルフなど、アコーは決して立ち止まることなく、最も偉大なスポーツ分野でその名を轟かせ続けています。 2019/2020シーズンより、当ホテルグループはフライ・エミレーツに代わってパリ・サンジェルマンのオフィシャルパートナーとなりました。 その見返りとして、首都クラブはグループのロイヤルティ プログラムであるアコー ライブ リミットレス (ALL) をシャツに不滅のものとする必要がありました。 契約額は5,200万ユーロ以上となる。

マルコ ヴェラッティ PSG フットボール
クレジット: サンドロ・ハランク

アコーホテルズは、特にアルゼンチンの天才、バロンドールを6回受賞しているリオネル・メッシがPSGに加入したことにより、このコラボレーションの恩恵を受けてきました。 ロサリオ出身の選手との契約により、グループはメディアで大々的に取り上げられ、世界中で人気が高まり、予約が大幅に増加しました。 アコーは、2024 年パリオリンピックのほか、ローランギャロス、ロレックス パリマスターズ、2023 年ラグビーワールドカップフランス大会などの主要なテニストーナメントも後援しています。

ロレックス – テニストーナメントのメインスポンサー

ロレックスは 1970 年代後半からスポーツ イベントをサポートしてきました。 実際、このスイスの時計ブランドは 1978 年以来、ウィンブルドンのテニスコートでテニス選手権の時刻を知らせてきました。 ロレックス、誰もが認めるテニスのチャンピオン 全米オープン、全豪オープン、ローランギャロスなどのビッグスラム大会や、デビスカップ、レーバーカップなどのチーム大会のスポンサーを務めています。 グランドスラムのシングルスで 20 回のタイトルを獲得したロジャー フェデラーは、ロレックスがスポンサーとなっている数多くのアスリートの 1 人です。

ロレックスは男子および女子ゴルフにも関与しており、タイガー・ウッズ、ジャスティン・トーマス、ホアキン・ニーマン、アニカ・ソレンスタムなどのスポーツのレジェンドをサポートしています。 ライダーカップ、オーガスタマスターズ、PGAチャンピオンシップ、ジ・オープンなどの主要トーナメントを後援しています。 2013 年の初めに、スイスの高級時計メーカーはモータースポーツの最高峰である F1 のグローバル パートナーおよび公式時計になりました。 あらゆる競馬場で彼の姿を見つけるのは当然です。 このスポーツを常にサポートする能力により、ロレックスは 5 大陸で世界的に知られるようになり、収益も大幅に増加しました。

エミレーツ航空 – レアル マドリードのスポンサー

フライ・エミレーツは、長年にわたりスポーツ界を支えてきた大手企業のひとつ。 同社は特にサッカー、テニス、F1 モータースポーツ、ラグビーに積極的に取り組んでいます。 彼のサッカー界への関わりは、パリ・サンジェルマン、オリンピック・リヨン、アーセナル、そして世界で最も成功したクラブ、現欧州チャンピオンであるレアル・マドリードなどのビッグチームに関わっています。 フライ・エミレーツは2013年にレアル・マドリードのスポンサーとなり、その提携額は年間約7,000万ユーロである一方、プレミアリーグのアーセナルは4,500万ユーロで、オリンピック・リヨンの2,000万ユーロを上回っている。

エミレーツ航空はまた、ラグビーと非常に特別なつながりを持っており、2007年にラグビーワールドカップのスポンサーを務めた後、2011年、2015年、2019年にそれぞれニュージーランド、イングランド、日本で開催されたRWCトーナメントのグローバルパートナーとなった。 エミレーツ航空も 2013 年から ATP トーナメントのパートナーとなっています。 多くのスポンサーのおかげで、活動の場を拡大し続け、乗客数も増加しています。 あなたはF1チャンピオンシップのパートナーとしても活動しています。

スポーツクラブのスポンサーは本当に儲かるのでしょうか?

大企業では非常に一般的な慣行ですが、スポーツのスポンサーシップは、新進気鋭の企業が選択できる戦略です。 これは関係する企業にとって非常に有益であり、そのおかげで当社は長年にわたって力強い成長を遂げてきました。 スポンサーはこの協力から実際には利益を得られないと考える人もいますが、スポンサーとなったクラブやアスリートの人気を通じて企業が自社の製品やサービスを宣伝できるという双方にとって有利なパートナーシップであることを強調する必要があります。 これにより、スポンサーはお金を稼ぎ、利益を増やすことができます。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です