G7諸国は「気候保護の中心にある」とアントニオ・グテーレス氏は言う

ドイツ、カナダ、米国、フランス、イタリア、日本、英国と欧州連合を含むG7は、1945年に最初の原子爆弾が投下された都市、大臣が選んだ場所で会合している。 -全般的 アントニオ・グテーレス 「人間の精神の証」と評される。

「訪れるたびに、私は被爆者の勇気と立ち直りに刺激を受けます」と彼は、あの恐ろしい戦争行為の生存者について言及した。 「国連はあなたの味方です。 私たちは核兵器のない世界を目指して戦いを決してやめません。」

持てる者と持たざる者

グテレス氏は、G7指導者らへのメッセージは明確かつシンプルであると述べ、「経済情勢がどこも不透明な中、富裕国は世界の半分以上、つまり大多数の国が深刻な金融危機に苦しんでいるという事実を無視することはできない」と述べた。

富裕国は、世界の大多数の国が深刻な財政危機に苦しんでいるという事実を無視することはできません。

同氏は、発展途上国が直面する問題には道徳的、権力的、現実的という3つの側面があるという、先週のジャマイカ公式訪問で初めて表明した自身の見解を繰り返し述べた。

国連事務総長は、世界の経済・金融システムの「体系的で不公平な偏見」、世界の金融構造の時代遅れの性質、そしてG7の規定のもとでも発展途上国が見捨てられ、売り渡されているという事実について言及した。今なら行動する義務があるだろう。

権力の再分配

同氏は、ブレトンウッズの第二次世界大戦後の再編によって創設された金融システムは、新型コロナウイルスとコロナウイルスの侵入によって引き起こされた経済ショックに直面して、単に「世界的なセーフティネットとしての本質的な機能を果たせなかった」と主張した。 ウクライナ経由でロシア経由。

事務総長は、ブレトンウッズ体制を修正し、国連安全保障理事会を改革する時期が来たと述べた。

「本質的には、今日の世界の現実に基づいた権力の再配分だ」とグテレス氏は主張した。

同氏はさらに、G7はもはや傍観してはならない、「地政学的な分断が深まる多極化した世界では、何十億もの人々が食料、水、教育などの基本的なニーズを満たすのに苦労している間、どの国も国家グループも傍観することはできない」と付け加えた。 ..「医療と雇用」。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、2023年に広島で開催されるG7サミット中に岸田文雄首相と会談する。

10年遅れた

同氏は、気候変動のペースを無視することの危険性を強調し、世界の富裕層が気候変動を進める上で重要な役割を果たしている特定の分野を指摘した。

現在の予測では、人類は今世紀末までに2.8度の気温上昇に向かうと同氏は記者団に語り、国連気象庁の最新の数字によると、今後5年間は観測史上最も暑くなる見込みであると述べた。WMO

同氏は、巨大な経済的・財政的影響力を持つG7が「気候変動対策の中心」であり、効果を上げていると述べ、「しかし、少なくとも10年は遅すぎる」と語った。

「私たちの加速プログラムは、失われた時間を取り戻すことを目的としています。 グテレス氏は、すべてのG7諸国に対し、2040年に可能な限り近いうちに実質排出量ゼロを達成するよう求め、新興国には2050年に可能な限り近い時点でこれを達成するよう求めた。」

気候連帯協定は、産業革命前と比べて気温上昇を1.5度以内に抑えるため、非裕福な経済諸国が脱炭素化を加速できるよう資源を動員するようG7に求めている。

アントニオ・グテーレス事務総長は、広島平和記念公園で敬意を表する各国首脳と会談。

アントニオ・グテーレス事務総長は、広島平和記念公園で敬意を表する各国首脳と会談。

石炭の段階的廃止

「化石燃料を段階的に廃止し、再生可能エネルギーを拡大するには、より短いスケジュールが必要です。 それは炭素に価格を付け、化石燃料への補助金を廃止することを意味する。 「私はG7に対し、2030年までに石炭を完全に段階的に廃止するよう求める」と国連事務総長は述べた。

しかし同氏はまた、危機への貢献が最も少なかったが最も大きな被害を受けた国々を代表して、気候正義を訴えた。

「先進国が約束した年間1000億ドルを実現する時期が来た」と同氏は付け加えた。

国連事務総長はまた、昨年シャルム・エル・シェイクで開催されたCOP27で合意された損失損害基金は「実施されなければならない」と繰り返した。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です