「あやこ」から「あきら」まで、古典漫画トップ20

THE IDEAL TELERAMA MANGATHIQUE (2/5) – 昨日、日本のマンガは批判され、重要な文学ジャンルになった. 5 つのセクションに分けられた 100 冊のマンガのセレクションで、この並外れた冒険のマトリックスの中心に飛び込みましょう。 第二部、古典マンガ。

これらの作品は、ほとんどがマンガの黄金時代 (1960 年から 1980 年) に出版され、このジャンルの偉大な作家によって署名されており、群島の人気のある想像力に属しています。 文脈や時代の産物である時代遅れの作品は、その新鮮さとインパクトを失うことはありません。

アキラ by 大友克洋

アポカリプス番組です。 そこでは、ショッピングセンターから目と鼻の先の開いた下水道で、コンクリートが突然引き裂かれました。 目がくらむようなクレバス、崩壊した壁、黒い波に押し流された死体、歪んだ視点: アドレナリン全開のテルリック ジャンルでこれほどうまくいったことはめったにありません。あきら ! 1982 年に日本で公開されたこの未来的な漫画が、何世代にもわたる読者、漫画家、映画製作者、あらゆる種類のクリエイターに人気を博しているのも不思議ではありません。 プラネタールは、大友克洋が 1988 年に描いたアニメーション映画の成功でもありました。 熱狂的なリズム、黒人と都会の美学、文字通り見事なイメージ、パンク ニヒリズム、 あきら 少しも古くならず、漫画史に欠かせない作品であり続けています。 また、読んでください、魅力的です ドムー、子供たちの夢、 数年前に登場した大友は、彼の偉大な作品で展開するすべてのテーマにすでに取り組んでいます. SJ

  • 安全なお支払い
  • 義務なし
  • 登録を解除するだけ

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です