「ももこ」、日本の子供の頃の思い出-解放

解放は、子供向けの本の最新情報を毎週報告します。 今日は別の国に開かれた2枚のアルバム。

鏡の前で自分を眺めながら、背中に同じ色のバッグが付いた、かわいらしい赤い水玉模様のドレスを着た桃子を見つけます。 少女は翌日1年生を開始し、生徒に物資が渡される特別な式典に出席する必要があります。 それで、小さな女の子は小さな紙の男を窓に掛けました てるてる坊主だから私たちはそれをインストールします 「翌日の天気が良ければ」。 2ページで、読者はその伝統を持つ別の国に投影されます。 桃子は、70年代に東京で幼少期を過ごした作家のコティミと同じように日本人であり、彼女の思い出を共有しています。 アルバムはスケッチで展開され、 「お父さんのことを知った日曜日」、 「赤い魚さんの日」、 「妹のみゆき」、 などそして最後の数ページは「物語」に加えて一種のボーナスを追加します:ママのスナック(バニーの形にカットされたリンゴまたはジャイオサ)、そうめん(茄子のソテーをした冷やし麺)を試す、またはラムネを飲む 浴衣(夏着物のレモネード)…

桃子は、彼女にとって少し深刻に見える彼女の年齢の子供のための一般的な出来事を目撃します。 彼女は、いつも働いている父親が寝ているときに家に帰ってくるのを見たことがないことに気づきます。 彼女は母親の学校への出席を台無しにする彼女の1歳年下の精神障害のある妹ミユキに我慢しなければなりません。 しかし、彼女は自分のゲームを誰と共有するのも好きです。 休日の終わりに、彼女は彼女の友人のミドリのところに行き、彼女がしなかった夏の宿題に追いつきます。 彼女は祖父母の暗い家で数日を過ごす必要があります 「墓地のようなお香の匂い」。 「部屋の後ろには、Theという場所があります。 toconome; 近づきすぎる権利はありません。 また触れないでください生け花いつも咲いて、 掛軸 彼の神秘的な碑文で、絹で、壁に掛けられました。

著者兼イラストレーター コティミ 若いナレーターに馴染みのある奇妙な空気を蒸留して、言葉にこだわるのではありません。 図面には、フランスの環境とはいくつかの要素が異なる装飾、表意文字での絵画、クッションの上に座っている食べ物、着物なども示されています。しかし、発見するのが最も楽しいのは、まさにこれらの驚くべき職業やオブジェクトです。そして可能性の分野を開きます:若い鳥は餌を与えられるように提供されます。 金魚を買うのは全国的な若者のスポーツのようで、通りの売り手が小豆でこのサクサクした魚を作るのを見た後、私たちもたい焼きを楽しむでしょう。

両方 桃子 は、日本への旅行に連れて行ってくれる5枚のアルバムのセレクションの一部です。RueduMondeは、休暇で忘れられた子供たちのためのSecourspopulaire連帯本の第19版のために今年提供しています。

日本の子供時代の桃子 Kotimiによる1と2、Rue du Monde、163p。と108p。、€15.90と€14.90

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。