「ゼロコロナ」の文脈での中国の輸出の減少は、不足の恐れを引き起こします

公開日:

日本では、店の棚は空です。 習近平の「ゼロコビッド」政策により、特に上海または北京で課せられた非常に厳しい制限は、アジア全体に製品を輸出する中国企業の事業を深刻に混乱させました。

東京の特派員とブルーノデュバル

日本では、エアコン、化粧品、既製服、さらにはコピー機も “中国製” 珍しい商品になります。 デパートの家電部門と自転車販売店で働く2人のセールスウーマンの日常生活は、在庫不足、納期の遅れ、不満のあるお客様です。

「」 洗濯機、圧力調理器、電子レンジ、エアコンの注文は受け付けておりません。 :お客様は1ヶ月以内にご来店ください。 そして、私たちは夏の終わりまでに配達されないかもしれないと彼らに言います これらのプロバイダーの1つは言います。 「」 それはひどいです、私たちの在庫は急速に縮小しています。 このレートでは、1〜2か月で店舗を閉鎖するリスクがあります。販売するものは何も残っていません。 もう一方をピックアップします。 さらに悪いことに、ウクライナでの戦争が始まって以来、アルミニウムの価格は高騰しており、将来的には自転車の価格が高くなっています。 この中国の問題が十分ではなかったかのように 「もう一方を引き受けます。

パンデミック危機後、日本経済はゆっくりと回復しました。 したがって、金融アナリストの長浜敏弘氏によると、この中国のサプライチェーンの崩壊は特にひどいものです。 「」 中国は最初の貿易相手国です 日本の「ゼロコロナ」政策によって引き起こされた混乱は、日本のGDPに対して月額約10億ユーロの不足を意味します “、彼は気づきます。 日本企業の3社に2社以上が、中国で課された封じ込め措置の影響を受けたと述べています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です