「ニュークリアシェアリング」論争:日本がそれを受け入れるための条件は何ですか?

日本人の80%以上がニュークリアシェアリングの議論を支持しています

—3月19日と30日に毎日行われた世論調査によると 産経新聞 FNN(Fuji News Network)では、回答者の83.1%が、ニュークリアシェアリングに関する議論を支持すると述べています。 この数字はあなたにとってどういう意味ですか?

高橋荻尾 これは、近年の東アジアの治安情勢の悪化と、それに対する懸念や懸念の高まりに関連しています。 北朝鮮がミサイルの開発を続け、台湾海峡でも危機の話が出ている中、ロシアの核抑止力への警戒を呼びかけたプーチンが言及した核兵器の使用のリスクに世界は直面しているウクライナの侵略に関連して、日本の感情が発達します。

— NATOの核分割システムはどのように機能しますか?

TS これは、参加した5か国(ドイツ、ベルギー、オランダ、イタリア、トルコ)が、自国の領土にあるアメリカの基地に核弾頭を保管することに同意し、たとえばドイツを例にとると、ドイツの首相兼大統領に提供されたシステムです。各国は、ドイツの航空機にこれらの弾頭を装備することにより、核兵器の使用に同意しています。 しかし、これらの核弾頭は、ドイツではなく、米国の所有物のままです。 ドイツが核兵器の使用を宣言したとしても、米国大統領が核兵器を使用することは望ましくないと判断したとしても、核兵器を使用することはできません。 逆に、ドイツが配備に抵抗する場合、米国はそれを独自の飛行機またはミサイルで配備することができます。これはドイツに拒否権がないことを意味します。

—冷戦以来、ニュークリアシェアリングはどのように進化してきましたか?

TS 冷戦時代には、航空機用の核弾頭だけでなく、中距離核兵器に関するINF条約によって廃止された核ミサイルもありました(米国大統領ドナルドトランプは2018年に彼の国が条約から撤退すると発表しました、決定は2019年8月に発効しました)。 ヨーロッパの戦略的環境も変化しました。 冷戦中、NATO加盟国の軍隊は、原子力の使用がバランスを改善することを目的とした旧ソビエト連邦およびワルシャワ条約機構の軍隊よりも明らかに劣っていることに気づきました。 この戦略的文脈において、同盟国がヨーロッパに駐留する核兵器の輸送の一部を確保するための枠組みが作成されました。

ニュークリアシェアリングの価値は?

「当時のアジアは、日本も含めてどうでしたか?」

TS アジアでは、アメリカ艦隊がソビエト艦隊よりも優れていたため、ヨーロッパとは異なり、ソビエト軍よりも核兵器を優先する必要はありませんでした。 特に日本では核兵器に強い反対があるからです。 したがって、ヨーロッパのような核参加メカニズムに疑問の余地はありません。

—ウクライナでの戦争に伴い、日本でもニュークリアシェアリングに関する議論への関心が高まっています。 しかし、米国の核抑止力に基づく現在の日米安全保障制度を支持する学者でさえ、ニュークリアシェアリングのメリットについて意見が異なっている。 なんで ?

TS その理由の一つは、NATO内に現在存在するニュークリアシェアリングと日米安保条約の2つの選択肢のどちらかを選択することを前提に議論が行われているためかもしれません。 ニュークリアシェアリングには、独立した使用権も拒否権もありません。それはその大きな価値です。 核兵器は究極の兵器であり、国内外でのニュークリアシェアリングを示すことで、日米の同盟関係を強化し、強力な抑止力となるでしょう。

さらに、軍事作戦で知る必要性は、自国内であっても、特定のパートナーとのみ共有されます。 しかし、核共有協定に基づいて共同核兵器作戦を実施する場合、連合国は作戦計画を「知っている」必要があります。 簡単に言えば、核兵器を使用する計画の交換を可能にします。

これにより、米軍の支援はさらに信頼できるものになります。 従来の軍隊については、日米同盟の両国は、指令に基づいて共同作戦計画を策定し、共同作戦を強化している。 計画を共有し、操作を実行すると、効率と相互信頼が向上します。 この利点はかけがえのないものです。 このため、冷戦後もその限界にもかかわらず、ニュークリアシェアリングは続いた。

— NATOのニュークリアシェアリングの認識は時間とともに変化しますか?

TS 冷戦後、新しい国々がNATOに加盟し、ニュークリアシェアリングのビジョンが分裂しました。 ロシアがクリミアを併合する前(2014年)、ドイツは、核弾頭の前方展開(ヨーロッパ)が緊急事態に限定され、通常は米国に戻る限り、核共有協定を継続することに同意する声明を発表しました。 。 一方、ポーランド、チェコ共和国、またはバルト三国はすべて地理的にロシアに近く、ヨーロッパでの展開を望んでいるという深刻な脅威を常に認識しています。

ポーランドの軍用機が核弾頭で武装したドイツの軍用機を護衛する共同作戦は、この不信感を和らげるために行われていることの一例です。 これらの演習のおかげで、ポーランドは核兵器の使用を伴う作戦に参加し、これは核作戦計画の共有の範囲を拡大します。 冷戦の終結以来、NATO内でこの種の試行錯誤が数多く行われ、多くの加盟国が組織に信頼を寄せられるようにするための努力がなされてきました。 冷戦のように、核への参加が5か国に限定されていることを議論することは、要点を見逃している。

日本人が納得するまで話し合う

—ニュークリアシェアリングが発生した場合、どのように発生し、どのような問題を解決する必要がありますか?

TS 核兵器は、従来の軍隊(陸、海、空)を使用した従来の作戦における強化された協力の文脈に含まれる軍事戦略の要素です。 加盟国が核政策を共有しているNATOの核計画グループ(NPG)にもっと興味がありますが、核兵器はすべての従来の戦略に含まれているので、その観点から物事に取り組むことは一貫していないと主張しないでください。

現実には、米韓同盟は統一された軍事指揮権を持っており、日米同盟よりもそこでの軍事作戦計画についての議論を深める方が簡単である。 紛争が発生した場合の米韓連合軍の指揮は朝鮮戦争の指揮のままであり、詳細な作戦計画が存在する。 核兵器は運用計画に統合されていませんが、統合することはできます。 日米はまだそのような関係を築いていない。 統合されたリーダーシップの必要性についての議論はまだ始まったばかりであり、ここから始める必要があります。

—日本の安全保障については、北朝鮮はすでに日本に到達可能な核弾頭を備えたミサイルを配備していると言われています。 この脅威が強まるにつれ、日本でのニュークリアシェアリングの議論は進展すると思いますか?

TS アメリカの視点から見ると、北朝鮮の脅威に対する日米の抑止マインドセットは、一方では北朝鮮を抑止するためのアメリカの措置と、他方では日本を安心させるための措置からなる三角関係である。 これらの2つのタイプのアクションには、同じ目的はありません。 ニュークリアシェアリングは連合国を明確に安心させるための枠組みであるため、最初の質問は、その長所と短所が人々を安心させることができるかどうかを判断することです。

NATO型のニュークリアシェアリングに移行したとしても、日本における核弾頭の高度な配備は日本人の不満につながる可能性があるため、同盟関係の悪化と安心感の低下につながる可能性があります。 したがって、このトピックについて理解を深めることが重要です。 この質問は、市民の主観に関係しているため、専門家が客観的に判断することはできません。 このため、問題を公正に理解することで納得するまで、彼らと話し合うことが重要です。

米国による核兵器の使用は、日本人との責任の共有を意味します。

—核攻撃の可能性を防ぎ、アメリカの核抑止力を強化するために、日本は何ができるでしょうか?

TS 核抑止について考える方法は2つあります。 核兵器を手に入れたら存在すると信じ、実際に使う準備ができるまでは不可能だと信じているもの。 私としては、日本が自分自身を見つける状況は2番目に近づいていると思います。 逆説的ですが、核兵器を使用する意欲は、核兵器の使用の可能性を減らします。

もう一つの重要な点は、米国が日本を保護するために核兵器を使用する場合、それは日本の事業ではないものと見なされるべきではないということです。 あなたは責任を分かち合うことをいとわないに違いありません。 それは、米国大統領だけでなく、日本の首相や日本人にも取り上げられなければなりません。 歴史の判断に立ち向かう覚悟がなければ、アメリカの核抑止力の恩恵を受けることはできません。 拡張された核抑止力の基礎は、この共有された責任の認識です。

—安倍晋三前首相は、ニュークリアシェアリングはタブーであってはならないと述べたが、自民党内ではまだ議会で議論する準備ができていないようだ。

TS 北朝鮮はICBMを開発しており、日本に到達できる核ミサイルをすでに配備している可能性が高い。 中国には2,000があり、一部によれば、15年以内に1,000のICBMがあります。 今日、ロシアがいつ爆発するかは誰にもわかりません。 日本を取り巻く核の脅威は20年前よりもはるかに強力ですが、同じ安全保障システムを維持することは良いことだと本当に信じることができますか? 市民を安心させるために何をすべきか? 私たちがそれについて話し合い、誰もがそれを確信していることが重要です。

(写真:ドイツ空軍トルネードRIAT戦闘機と核ミサイル。Flickr 空中ウルフハウンド)。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。