「中国の自動車メーカーは激動の時代にあり、日本人は長い見習い期間を経てきた」

Jean-Louis Loubet は自動車史家です。 彼は、1980年代に日本人が上陸したことを思い出し、ヨーロッパの産業にパニックの波を引き起こしました.

1980 年代、日本のブランドがヨーロッパに進出したことで、製造業者の間で多くの懸念が生じました。 彼らは正当化されましたか?

心配はとても現実的でした。 後輪駆動で非常に保守的で素朴に見えた日本車のレベルではそれほどではありませんでした。 ヨーロッパのブランドは、独立した後輪と前輪駆動を備えたより近代的な自社製品の優位性を確信していました。 一方、新しい競合他社の工場を見ると、ヨーロッパ人は同じ地球上にいないという印象を受けました。 日本企業は自動車の 75% をサプライヤーから購入し、75% を自社で製造しています。

また読む: 購読者専用の記事 中国企業は人々の電気自動車でヨーロッパ市場を攻撃しています

その後、プジョーとルノーのリーダーたちは、彼らが誰と取引しているのかを理解するために日本に行きました。 彼らは、彼らが知っている現実とはかけ離れた、品質と在庫の不足に基づいた組織を発見しました。 彼らは唖然としました。 彼らは、ビヤンクールやソショーの工場でこの組織を引き継ぐことは決してできないだろうと考えていました。

日本車の価格装備率は非常に興味深いものでした。 競争は不安定化したか?

フランスのブランドは、新参者の価格に非常に驚いていました。 彼らは、アジアの競合他社が日本政府から多額の補助金を受けていると確信していました。 彼らの指導者たちはこの件についてフランス政府に打ち明け、フランス政府はこの問題を調査した後、そうではないことを彼らに安心させました。

結局のところ、ヨーロッパは恐ろしい日本の津波の被害を受けませんでした。 アメリカについても同じことは言えません…

アメリカのブランドは、トヨタ、日産、ホンダの登場により、より大きな影響を受けました。 デトロイトのビッグ 3 には、コストを抑えられず、エンジンが石油危機の余波にまったく適していないモデルがありました。 それに比べて、ヨーロッパのモデルのデザインははるかに優れており、特にヨーロッパが市場を保護していたため、抵抗することができました.

また読む: 購読者専用の記事 欧州では、電気自動車用バッテリーの過剰生産のリスクがあります

一種の浸透が起こったとさえ言えます。 徐々に、日本人は車をアップグレードし、すべての車を旧大陸の顧客に販売するかのように設計しました. 同時に、ヨーロッパ人は工場を変革し、競合他社と同様の組織を採用しました。 後に到着した韓国人は、主に日本人に触発され、価格と品質の両方で遊んでいました.

この記事はまだ 26.27% 残っています。 以下は購読者限定です。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です