「屈辱的なロシア」ではないというマクロンの呼びかけは、ウクライナにはあまり受け入れられなかった

ウクライナ外交の責任者であるドミトロ・クレーバは、6月4日土曜日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領の要求を非難しました。 “謙虚” ロシア、この立場はできなかったと判断 「屈辱的なフランスだけ」

「ロシアに屈辱を与えないようにという呼びかけは、フランスまたは他の国にのみ屈辱を与えることができます。 屈辱を与えているのはロシアだからです。 私たちは皆、ロシアをその場所に置く方法に焦点を当てたほうがよいでしょう。 それは平和をもたらし、命を救うでしょう」ドミトロ・クレーバはツイートで言った。

広告後の続編

フランス大統領は金曜日にこれは必要ではないと繰り返した 「ロシアを屈辱しないでください」 -声明は東ヨーロッパでは非常に貧弱に認識されています- 「戦いが止まる日、外交ルートを抜ける道を見つけることができるように」

マクロンは、フランスからウクライナへの武器の配達が強化されることをゼレンスキーに保証します

フランス大統領は、ロシアのウラジーミルプチン大統領との対話を維持しようとしている数少ない国際的指導者の一人です。

-Googleでの最初の年の50%

この広告購読方法を選択することにより、Googleによる分析Cookieの配置を受け入れることになります。

フランスはウクライナに財政的および軍事的支援を提供していますが、エマニュエル・マクロンはまだキーウを訪問していませんが、彼のヨーロッパの対応者の多くは訪問しています。

プーチンに対するマクロンの「同時」

6月30日まで欧州連合の交代議長国を務めるフランスの元首は、金曜日にウクライナへの旅行が急いでいると答えた。 「今日、私は何も除外していません」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です