「私の母はいつも自分の小さなレストランを持つことを夢見ていた」

「私の両親は45年前に姉と共に日本からフランスに移住しました。 数年後、私はパリで生まれました。 結婚して30年、母は日本で歌手としてのキャリアが浅く、働くことを許されませんでした。 彼女は家にいて、私たちの世話をし、料理をしました。

私はこれまでの人生で、人気のある日本の伝統のこれらの料理を知っていましたが、日本料理が寿司やケバブであると考えている西洋でのイメージとはかけ離れています。 スープ、シチュー、オムレツ、カレーは、私の子供時代を揺るがした料理です。

元バス運転手

母は 58 歳で仕事に戻りましたが、父が家を出て一夜のうちに行方不明になりました。他の人が定年を迎えようとしている年齢で、母はウェイトレスになり、寿司屋でも働いていました。 簡単ではありませんでしたが、大好きな人たちと触れ合えたので幸せでした。

私としては、2004 年に美食の分野に進出し、コッホで BEP を行う前に、まず力学に専念しました。 私は少し旅行し、ハンドリング、機械加工、自動車産業で多くの奇妙な仕事をしました. その後、RATP でバスの運転手として 12 年間働きました。

数年前、話し合いの中で、母は私に次の言葉を言いました。 「地球に自分の足跡を残したい」 考えさせられました。 彼女が人とのつながりと人々を幸せにすることが好きだと私は知っていました。 私は、彼女が自分の小さなレストランを持つことを常に夢見ていたことを深く知っていました. 私はすでに会社を始めることを考えていました。

また読む: 坂本敦子と佐藤豪、いいことの思い出

このようにして、家族のプロジェクトを一緒に開始するというアイデアが生まれました。これは、本当の日本の食文化、私たちにとって非常に大切な母の伝統的な料理を知らせることができるレストランです。 ざくろ(「ザクロ」、日本語で団結を表す果物)は、典型的な日本のビストロです 居酒屋、 母が伝統的なレシピであるキャセロールを担当し、私はよりクリエイティブでモダンな部分を担当しています。

米、醤油、味噌、特定の香辛料など、日本と同じ味がないため、日本から輸入しなければならないものもありますが、質の高い地元の食材 (肉、野菜、ハーブ) を使用した伝統的な料理です。

また読む: 角煮ポーク ざくろさんのレシピ

家族として働くことは必ずしも容易ではありません。 私の母は 75 歳で、少し疲れていることもありますが、私が彼女の夢を実現できたことをとてもうれしく思います。 私たちがやりたいことをやり、母が子供たちのために料理をするのが好きな場所です。

実際のレシピや技術データシートはなく、ノウハウと優れた材料だけがあります. この角煮豚の長時間煮込みのように、疲れて帰ってきたときに見つけるのが好きなソウルフードです。 子供の頃からの料理であり、当店の看板でもあります。 »

ざくろ 4, rue de Port-Mahon, Paris 2e.

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です