「米国では、最高裁判所はもはや多数派の声に耳を傾けません」

もっている世界の人口の4%を占めるアメリカ人は、世界の銃器の50%を所有しており、米国ではドイツの50倍、日本では250倍の銃関連事故が発生しています。 2020年には45,222人が銃器で殺され、毎日123人が死亡し、そのうち54%が自殺しました。 2022年には、200回以上の銃乱射事件(ガンヴァイオレンスアーカイブグループの定義によると、4人以上が関与)がありましたが、暴力的な死者の5%未満しか占めていませんでした。

これらの攻撃は衝撃的ですが、特に幼児が殺されたり、白人至上主義者によって犯されたりした場合、21歳未満または完全な暴行兵器を禁止することが唯一の解決策ではない可能性があります。 。 しかし、最近の殺人の大部分が18歳から22歳までの若者(時には虐殺の日にさえ、これらのAR-15またはAK-47の戦争兵器を購入した)によって犯された場合、常識的には21歳以上のアルコールや銃の購入方法。

また読む: 米国:ジョー・バイデンが銃規制の強化を支持して法案を可決

これらの多くの死の主な原因は、さまざまな種類の銃器への広範囲で簡単なアクセスですが、1994年のブレイディ法(10年間続いた戦争兵器の禁止)以来、法律は通過していません-鎌の改革は議会で可決されていますブロックされました。 しかし、その理由は進化してきました。それは、全米ライフル協会(NRA)からの多面的な圧力(選出された役人の評価、否定的な宣伝、ロビー活動)でした。 今日、銃を持っていることは共和党員と民主党員の間の執拗な文化戦争の中心にあり、前者は憲法修正第2条の死を望んでおり、民主党員が銃を没収したいと強打することで彼らの構成員の恐怖を演じていると非難している。

バンカースクール

一般的に、殺人の後、選出された銃の支持者はショックと怒りがおさまるのを待ちます、そして彼らが行動を提案するならば、21歳未満の若者でさえ銃の禁止は問題外ではありません。 バックグラウンド制御システムを改善することでさえ問題があり、許容できる対策はまだ周辺にあります:バンカースクール(これもターゲットにされているスーパーマーケットや病院はどうですか?)、アームティーチャー(多くの人が反対します)そしてメンタルヘルスをターゲットにしています、どれが考慮すべきこと。 しかし、同じ選挙で選ばれた共和党員は、医療予算に体系的に反対票を投じています。 テキサス州のように銃による暴力のレベルが最も高い州は、オバマの医療法である医療保険制度改革法の規定に沿って行動することを拒否しています。

この記事の55.52%をまだ読む必要があります。 以下は加入者専用です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。