あるスタートアップが、5G のおかげで、ワイヤレスで遅延ゼロの外部ディスプレイを設計しました

ポータブル ディスプレイには大きな欠点が 1 つあります。スムーズなエクスペリエンスを提供するにはケーブルが必要です。 日本のスタートアップが、5Gに基づいて、外部スクリーンをスマートフォン、PC、ゲーム機にワイヤレスで遅延なく接続する独自の技術を開発しました!

Edge 2.5D // 出典: InnLead Innovative

一般に、技術に関係なく、外部スクリーンをスマートフォンや PC に遅延なしで接続することは不可能です。 まだ多少の遅延はありますが、仕事や遊びのスムーズな体験について話しています. Apple AirPlay、Miracast、WiFi ディスプレイなど、テクノロジーに不足はありませんが、これらのソリューションは、遅延が必ずしも問題にならないビデオをブロードキャストするように設計されています。

ポータブルワイヤレスディスプレイ

したがって、ポータブル ディスプレイを購入する際の最善の解決策は、ビデオ ストリームを HDMI または USB-C 経由でルーティングすることです。 ここで、日本のスタートアップである InnLead Innovative の出番です。 彼らが始めた Kickstater プラットフォームでのクラウドファンディング プロジェクト と呼ばれる製品に資金を提供する エッジ 2.5D. HDMIまたはUSB Type-C経由で接続するポータブルスクリーンですが、 ワイヤレスHD.

そのため、この画面をケーブルなしで MacBook、スマートフォン、ゲーム機、PC などに接続できます。 WirelessHD テクノロジーは、 MM 5G. いわゆるミリ波は、24 GHz から 300 GHz の間の周波数帯域で動作します。 ここでは、WirelessHD が動作する周波数帯域は指定されていません。

5Gミリ波
Edge 2.5D // 出典: InnLead Innovative

これらの波を通して ミリ波 低遅延で高ビデオ レートを 1 ~ 25 m の短距離で伝送できます。 いずれにせよ、理論的にはユーザーが気付かないほどではありません。

ワイヤレス接続を使用するには送信機が必要です。 ミリ波、これは互換性のあるデバイスを制限します。 幸いなことに、画面は USB-C キーの形で送信機と一緒に販売されています。 最後に、ワイヤレス接続は 60 Hz でフル HD 解像度まで可能です。これは確かに速度のためです。 彼らは、7.5 Gbps の最大スループットについて言及しています。 非圧縮 4K には 18 Gbps の帯域幅が必要.

この画面の残りの技術的特徴は古典的です。 PowerDelivery 2.0 と QuickCharge 3.0 の高速充電で最大 4 時間の自律性を提供する 10,200 mAh バッテリーが含まれています。 IPS LCD スクリーンはタッチセンシティブで、対角 15.4 インチです。 フル HD または 4K 解像度の可能性があります。 画面には、ステレオ スピーカーと多数のポートも含まれています。

利用可能なパックの価格は 400 ~ 600 ユーロで、プロジェクトにはすでに資金が提供されているようです。 よく説明するように、開発のこの段階ではプロジェクトに投資しないことをお勧めします。 プロジェクトが遅れるか、最悪の場合、キャンセルされる可能性が高いです。 いずれにせよ、最終製品がどのようなものになるか、またこの技術が消費者向け製品に民主化されるかどうかを見るのが待ちきれません.


私たちに従ってください、私たちはあなたを招待します Android および iOS アプリをダウンロード. 記事やファイルを読んだり、最新の YouTube ビデオを視聴したりできます。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。