この埃まみれのフェラーリ 365 GTB/4 デイトナは現在、博物館の展示品になっています

納屋に 40 年間忘れ去られていたこのフェラーリ デイトナは、現在、イタリアのモデナにあるフェラーリ博物館に所蔵されています。 本体には昨日の汚れが残っています。

モデナのフェラーリ博物館の展示品の中には、近年最もクールな「納屋の発見」の 1 つがあります。 これは、40年間、ほこりを集めて座っていた後に日本で発見された、唯一無二の365 GTB/4 デイトナ ベルリネッタです。 車両は納屋で発見された状態のままとなります。 このほこりまみれのフェラーリの話は、2017 年に日本で発見されたときに話題になりました。 すべての 365 GTB/4 (1969 年から 1973 年の間に生産された) は、マラネッロの歴史の貴重な一部ですが、 この例は、スカリエッティが製造したアルミニウム製ボディを備えた唯一の「生きた」例であるため、さらに特別です。

シャシーナンバー#12653のデイトナの最初の所有者は、1969年に購入したエンツォ・フェラーリの親友でした。 モデルは1971年に日本に輸入され、3回手を変えました。 2017 年、納屋で発見されたこの例は、RM サザビーズによって「元のほこり」とともに 180 万ユーロでオークションにかけられました。 そして最近、新しい所有者は、訪問者が間近で見ることができるようにフェラーリ博物館に貸与しました。

タスクが少なくなる

手作業で作られたボディパーツには、40年近く前のホコリが残っています。 傷や錆びたクロームパーツ、汚れたリム、錆びたテールパイプ、サイドスカートのへこみが多数あります。 内部では、交換された美しいステアリングホイールを除いて、キャビンのすべての平方インチを厚いほこりの層が覆っています。

この車が本当の歴史の一部になったとしても、細心の注意を払って掃除され、復元されているのを見ずにはいられません。 このようなことがフェラーリ クラシケ認定のワークショップによって行われた場合、この例はおそらく世界で最も高価なフェラーリの 1 つになるでしょう。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です