この男は彼の夢を達成するために15,000ドルを費やしました…そして犬になります

これはほとんど信頼できる情報ではありません…そしてまだ! 日本では、現在トコとして知られている男が、可能な限り最も現実的な犬のコスチュームを手に入れるために大金を費やした後、いくつかの悪名を馳せました。

そして、動物になりたがっている正当な理由で、この日本人は彼の夢を実現するために200万円(14,700ユーロ)を支払うことを躊躇しませんでした。 それ以来、長髪のコリー(注:ジャーマンシェパードの品種)に変身したトーコは、彼の珍しい趣味でインターネットユーザーを喜ばせてきました。

この日本人は彼の夢を実現し、犬になりました

「動物になりたかったので、コリーになりました! »»彼は自分の分身のYouTubeチャンネルについて説明しています。このチャンネルの動画は、すでに数百万回視聴されています。

インデペンデント映画の彫刻や衣装を作ることで知られる日本の会社、TokoZeppetを雇って衣装を作りました。

現在最も人気のある犬、トコ

ほぼ40日間続いた会社にとっての本当の挑戦と 数回のテストと改訂 この最も素晴らしいクエストを完了するために。

「」 事実、犬の骨格は人間の骨格に再現することができます。 骸骨の構造は大きく異なるため、犬のように見せるために多くの時間を費やしました。 ‘ゼッペットの従業員が日本側に説明した マイナビ。

孤立したケースではないケース

しかし、それだけではありません。そのような結果を達成するために、チームはまた研究しました 「コリーの美しいコートを再現して自然に落ちるように、さまざまな角度から写真を撮ります」。

報われた勤勉な仕事。 コリーとして彼の最初のビデオを投稿して以来、トーコはネット市民を驚かせてきました それが本物の犬ではないと信じるのが難しいと思う人。

しかし、予想に反して、トコは動物に変身した最初の人間ではありません…そして確かに2017年以来最後ではありません ニューヨークポスト 約25万人のアメリカ人がそのように特定していると報告しました。

また読む:

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です