これがヒューマノイドロボットを覆う生きた人間の皮膚です

電気モーターを動力源とするロボットの指:これは、日本の研究者が人間の皮膚を作成するために開発した新しい方法のビデオイラストです。 雑誌に掲載 案件彼らの研究は、ロボットの形状に適応する皮膚組織形成プロセスを提示することにより、新境地を開拓します。

人間の指のように、バイオハイブリッドの指は曲がったり伸びたりすることがあります。 ロボットの表皮組織は、動きのたびに弾力性を示します。 また、湿気を保持する撥水性のバリア性も備えています。 「」 培地からまっすぐに指がわずかに「汗ばむ」ように見える 筆頭著者の竹内昌治、東京大学教授は言う。

このバイオハイブリッドスキンはロボット用にどのように作られていますか?

このリアルな肌を実現するために、研究者たちは解決策を開発しました 試験管内で、 コラーゲンと生細胞、いわゆる「皮膚線維芽細胞」を含みます。 これらの「成分」は、人間の皮膚組織の主要な成分の2つです。 これらの要素に、彼らは表皮ケラチノサイト細胞を追加して、人間の皮膚の最外層である表皮を模倣しました。 「」 動物の体を覆うのとまったく同じ素材を手に入れます 研究者の竹内昌治は言う。

最終的に、ソリューションはロボットメカニズムの周りで固まり、その形状にシームレスに適合します。 「3Dオブジェクトを同等の皮膚で覆う方法の利点は、培養中の組織の収縮です。これにより、3Dオブジェクト、特に曲面や凹凸のある表面をコンフォーマルに覆うことができます。」 研究の著者を説明する。

このバイオハイブリッド皮膚はコラーゲンで構成されています。 人間の皮膚のように、それは自己回復力を持っています。 例えば、カットした場合は、コラーゲン包帯を巻いて皮膚を再生させることができます。 したがって、動きの再開を可能にします。

なぜ人間の皮膚でロボットを作るのですか?

科学者がロボットを「生きている」皮膚で覆うことができたのはこれが初めてではありません。 ただし、後者ははるかに脆弱です。 その結果、彼らは動きに耐えることができません。 さらに、それらは非常に短い寿命を持ち、それらを存続させるために多くのメンテナンスを必要とします。 これらの日本人研究者の新しい方法のおかげで、新しい道が開かれます。 ますます人間のように見えるロボットへのもう一つのステップ。

この革新のポイントは何ですか? ヒューマノイドロボットの設計者は、ロボットをできるだけ人間に近づけることを主な目標の1つと考えています。 これは彼らの好感度を高め、したがって彼らが設計された仕事の中で彼らの効率を高めるでしょう。 たとえば、ヘルスケアやサービス業界で。

「生きている皮膚は、ロボットを生き物のように見せたり感じさせたりするための究極の解決策だと思います。」 研究者の竹内昌治は言う。

次に、チームは毛包、汗腺、さらには感覚ニューロンを組み込むことを望んでいます!

もともとは2022年6月15日に公開されました

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。