これは日本の中立へのコミットメントの終わりでしょうか?

林氏は、ロシアの動きは「完全に容認できない」と述べ、本木氏は目隠しをされ、縛られた状態で連行され、権威主義的な尋問を受けたと主張した。

彼は、本木氏が違法行為に関与したというロシアの主張を否定した.

ロシアの連邦保安局は、日本の領事が、ロシアと正体不明のアジア太平洋諸国との協力関係と、西側の制裁が同国の経済状況に与える影響についての非公開情報を提供したことで報酬を受け取ったと主張している.

ロシアの機関はまた、文書を受け入れるレストランで見られた領事と思われる人物の秘密裏に撮影された画像を公開しました.

ロシアは最近、日本が欧米諸国と協力してウクライナへの侵攻を受けてロシアに制裁を課したことを受けて、日本を敵国に指定した。

2022 年 8 月 30 日、東京で日本とイスラエルの防衛交流に関する覚書に署名するイスラエルのベニー・ガンツ防衛相 (左) と日本の浜田康和防衛相 (右)。 (AFP)

日本の中立性に異議を唱える最初の外交イベントは、昨年 8 月のイスラエルとの防衛協定への署名の決定でした。

この協定は、特に軍事装備と技術の分野で、両国間の防衛協力を強化するための取り組みの一環でした。 しかし、それは、イスラエルとパレスチナの紛争に直面して、東京が公平であり続ける能力を低下させるのに役立っています.

日本は長い間、イスラエルとパレスチナ間の将来の合意のための公平な交渉パートナーと見なされてきました。 令和元年度共同調査 アラビアンニュースジャパン-YouGov は、アラブ人の 56% が日本を中東和平仲介者として行動する最も信頼できる潜在的候補と見なしていることを明らかにしました。

イスラエルのベニー・ガンツ国防相は東京訪問中、林氏と面会し、林氏はイスラエルとパレスチナ間の数十年にわたる紛争を解決するための二国家解決への政府の支持を再確認した。

日本のアナリストで、東京の慶應義塾大学教授である田中浩一郎氏は、2020年にイスラエルといくつかのアラブ諸国との間で調印された正常化協定であるアブラハム協定のより広範な適用により、日本はこの仲介役から解放されたと考えています。

「日本は、中東政策とエネルギー安全保障を両立させようとする圧力から解放された」と田中氏は語った。 アラビアンニュースジャパン.

日本は、中国との対立において同盟国を維持しなければならないことを認識している。 日本の最も重要な外交政策目標は「ワシントンをなだめる」ことだと彼は説明する。 イスラエルとの「友達になる」ことも含まれます。

写真
2022年8月30日、東京で開催された防衛会議でのイスラエルのベニー・ガンツ国防相(左)と日本の浜田康和防衛相(右)。(AFP)

「調停者としての日本の役割は、米国が消極的であり、イスラエルがそのような役割を拒否したため、決して実現しなかった」と田中氏は語った。

アブラハム合意は、1994 年以来初めて、アラブ諸国とイスラエルとの関係正常化を公に表明したものでした。合意が発表されたとき、日本の元外国報道官である吉田智之氏は、合意が「緊張を緩和し、地域”。

彼は、イスラエルと将来の独立したパレスチナ国家が「平和と安全に共存する」「二国家解決」への日本の支持を繰り返した。

写真
この 2017 年 12 月 25 日のファイル写真では、日本の河野太郎外務大臣 (左) が西岸のラマラ市でパレスチナのマフムード・アッバス大統領と会談している。 (AFP)

しかし、日本と中国および北朝鮮との関係がますます緊張する中、日本は軍事協力を従来の同盟国である米国を超えて、アジアの他の国々、つまり環太平洋地域とヨーロッパに拡大しています。

彼は、東シナ海と南シナ海における北京の軍事行動を特に懸念している。 イスラエルはすでに中国と武器交換を行っており、ロシアに次ぐ第 2 の外国武器供給国でもあります。

中国は、高度な軍事用ハードウェアと技術の膨大な兵器庫を蓄積してきました。 米国は、イスラエルの中国との武器取引に断固として反対している。 しかし、イスラエルはワシントンの反対をほとんど無視してきた。

一部のオブザーバーは、イスラエルと中国の間の緊密な貿易関係が、日本がイスラエルとの防衛協力を強化することを決定した理由であると疑っています。

日本の軍事戦略家は、米国への先制的依存を減らす方法を模索しており、イスラエルを、この地域における東京の軍事力を強化するための武器と技術の供給源と見なす可能性があります。

イスラエルとの新たな防衛協定の調印により、日本はイスラエルとパレスチナの間を仲介することができますか?

パレスチナ自治政府の駐日大使であるワリード・サイアムは、次のように述べています。 アラビアンニュースジャパン 日本政府は両党を「主に支援」している。

「日本はイスラエルと長い間関係を築いてきましたが、双方が和解を達成するのを助けることで、常に中立を示すことができると思います」と彼は言いました。

サイアム氏は、パレスチナ人とアラブ世界は一般的に日本に大きな敬意を払っていると述べ、東京は「国連の多くの機関を通じてパレスチナ人に常に完全な支援を与えてきた」と述べた.

「日本はパレスチナ国家を支援することを約束し、常に国連決議を遵守し、東エルサレムをイスラエルの首都として認めることを拒否してきました。 国はまた、イスラエルの不法入植地を認めたことがありません。

写真
2022年9月28日、東京の迎賓館または赤坂離宮で会談する元パレスチナ首相のラミ・ハムダラ(左から2番目)と日本の岸田文雄首相。

日本は、イスラエルとの安全保障協定を最終決定する前に、パレスチナ側に中立を維持することを最初に安心させるべきだったかとの質問に対し、シャム氏は、日本には「適切と思われることをする権利がある」と述べた。

彼は次のように付け加えた。 彼は二国家解決とパレスチナの独立の権利を支持します。」

「ドナルド・トランプ前大統領が、エルサレム市をイスラエルの首都として認めるよう圧力をかけた時でさえ、日本は国連に断固として反対し、反対票を投じた。」

しかし、サイアム氏は、イスラエルと協定を結ぶ国は、国際法と人権の尊重も強調すべきだと考えています。

「私は、日本がイスラエルとのこのような深い友情を利用して、イスラエルに国際法を遵守するよう圧力をかけることを強く求める」と彼は述べた。 「国際社会が団結し、イスラエルを二国家解決に向かわせない限り、平和は訪れないだろう」

イスラエルは、日本が提案し、「平和の回廊」と呼ばれるジェリコでの主要な農産工業団地と物流イニシアチブを完成させるための「最大の障害」であったとサイアムは言う。

彼は、日本がイスラエルとの緊密な関係を利用して、プロジェクトの完了を支援できると報告しています。

2021 年 5 月のガザでの 11 日間の戦争中、日本はすべての国連決議と国際法を尊重しなければならないと主張し、紛争に関する「明確で、敬意を払い、支持する」立場を繰り返した、とシャム氏は述べた。

日本は長い間、イスラエルとパレスチナ間の和平協定を交渉するのに最も適した国として浮上してきました。

したがって、日本の軍事力の増強と防衛技術への投資が正しい方向への一歩であると主張できる人はほとんどいません。 しかし、彼がそれを行うには、より外交的である必要があることは明らかです。

このテキストは、Arabnews.com に掲載された記事の翻訳です。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です