それはフランス人のために行き、フランス人のために壊れます

フランスは、10 月 9 日まで中国で開催される世界卓球チーム選手権の準々決勝への出場権を獲得しました。 フランスはラウンド 16 でスロバキアに敗れました。

フランスは、水曜日に中国の成都で開催された卓球チーム選手権の準々決勝でイギリス (3-2) と対戦し、フランスはラウンド 16 でスロバキア (3-1) に敗れました。

金曜日に、フランスの男子チームは、木曜日に行われるドイツとクロアチアの決闘の勝者と対戦します。

1-0 で引き分けた後、アレクシス ルブランとジュールズ ロランがイングランドに勝利したおかげで、ブルーズは 2-1 でリードしましたが、再び敗北しました (2-2)。 決定的な試合は、唯一の16歳の有望なフェリックス・ルブランが勝ちました。

フランスはスロバキアとの最初の試合に勝ったものの、次の 3 試合で負けました。

したがって、彼らは8位のままであり、1991年に日本で獲得した銅メダルよりも優れていることをあきらめなければなりません.

ラウンド オブ 16 の結果:

男性

中国 – インド (木曜日)

ベルギー – スウェーデン(木曜日)

ポルトガル – スロベニア (木曜日)

ブラジル対日本 0-3

韓国 – ポーランド 3-0

香港 3 – 0 エジプト

クロアチア – ドイツ(木曜日)

イングランド – フランス 2-3

女性

中国 3 – 0 ハンガリー

ポルトガル – ルクセンブルク 3-1

台湾 3 – 0 インド

チェコ共和国 – シンガポール 1 – 3

香港 – ルーマニア 3-2

プエルトリコ – ドイツ 1-3

スロバキア – フランス 3-1

韓国 – 日本 0-3

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です