どの観光? どういうわけかではなく、あなたの地域で

これはパンデミック以来多く語られてきた傾向ですが、世界中のほぼすべての場所での価格の上昇によって確認されています. LA CROIX は世界的な現象に注目しています。 英国に行きます。 昨年、55 歳のスチュアートは、ロンドンから 2 時間の農場で 1 週間を過ごしました。 彼は今年の夏にそこに戻る予定です。 「キャビンが安い」 彼は言った。 「最後の瞬間に輸送がキャンセルされるリスクはありません。 女の子たちはそれを気に入っていたので、秋に発表されたガスと電気の 50% 以上の値上げに注意する必要があります。」
イタリアでは、30 代の Teresa と Livio が、無料のビーチを求めてローマ近郊の Lido d’Ostie に行きます。 「私たちはレストランに行きません」 リビオは言った。 「パン粉をまぶしたチョップ、パスタ、またはライスサラダを作ります。」 「私たちを救うものは…」 ローマの教師であるマルタはこう付け加えます。 「シンプルさの幸福を再発見することが私たちの芸術です。」
日本では、かおりさん(35 歳)は、外国人観光客が 2 年間来ていないことを高く評価しています。 年に2回、夫の康雄と海外旅行に行っていた。 今日、かおりさんはこう言います。「日本でこんなに旅行したことはありません。」 日本人は、沖縄、京都、北海道のビーチとそのメロン畑で自分の国を発見します。 日本政府観光局が宣伝キャンペーンを開始したばかりなので、 「外国人が大好きな日本の不思議」

家の近くを旅行できるとは限らない

MEDIAPART で発見されるこのクリップは、2013 年に彼が発見したギリシャを宣伝するオーストリア人である Otto が完全に燃え尽きており、彼がそこから離れることはありませんでした。 このビデオは、ギリシャ経済に不可欠な外国人観光客を引き付けることを目的としています。 問題は、ギリシャ人がその恩恵を受けていないことです。 1,000 万人の住民のほぼ半数が、お金がなくて夏休みがないと断言しています。 たとえば、フェンシングの元ナショナル チャンピオンであるデスピナ ペルディカは、アテネで 3 つの仕事を組み合わせて月収 700 ユーロを稼いでいます。 「私は車の給油に 4 日ごとに 50 ユーロを費やしています。「ギリシャのガソリン 1 リットルは 2.60 ユーロです。フェリー会社は価格を 35% 引き上げました。アテネのディレクター、パブロスは懸念しています。何もしなければ、 「数年のうちに、旅行はエリートだけの特権になるでしょう。」 ギリシャ人が落胆する中、政府は割引を利用するためにホリデー バウチャーを導入しました。 しかし、2つの目的地だけであり、懸念がないわけではありません.EubeaとSamosの島々です。これらの島は昨年火災に見舞われ、難民の大規模な存在により観光が減少しています.

自宅に近い観光ですが、どういうわけかではありません

「あの二人! 戻ってきて!!」 フィリップは泣くことができますが、他に選択肢はありません. 彼は、モンブラン山塊のグーター小屋へのアクセス道路であるデスロウに危険を冒して近づいている、クランポンやピッケルを持たないショートパンツのカップルに追いつくために全力疾走します。 「妻にバス停を見せたかっただけ」 クリストフは少し恥ずかしそうに言った。
その夏のシリーズで、LES ECHOS は絶滅の危機に瀕している観光名所について語っています。 これはモンブランの場合で、渓谷で何かをしに来た観光客に悩まされています。 ボディービルの道具を持って頂上に登ろうとした英国人や、膨脹可能なジャグジーで登って水着姿で写真を撮ったスイス人のように。 今日、モンブランは過剰な訪問者から身を守ろうとしています。

あらゆることを行う観光客から、それ以上のことをしない地元の人々まで

メキシコのバラ デ ラ クルスは、人口 1,500 人の漁業と農業の村で、楽園のようなビーチとサーファーにとって完璧な波があります。 そして吸引は血解放で書かれています。 2006 年、Rip Curl はサーフィン大会を開催しました。 村人たちは、その場所を匿名にするよう求めます。 バラ・デ・ラ・クルスには壊れやすいほど美しい生態系がありますが、その秘密はすぐに明らかになり、村はますます多くの人々を魅了しています. ペペはその場所の可能性をすぐに理解します。 彼は米国から帰国し、母国で観光を開発することを決意しました。 そこで彼は小屋を建てます。 村の残りの部分は機会を見て、同じことをします。 その結果、浜辺で土地分割戦争が始まります。 ペペと彼の家族は、村人たちが海岸を破壊したと非難しています。 同時に、ペペは自分の収入も守りたいと考えています。
戦争は激化する。 土地分配を担当するノエル・カスティージョは、2018 年に拷問を受けて殺害されました。 ペペに反対する村人たちは、命が危ないと言う。 ペペは現在、家に​​バリケードを作って一人暮らしをしています。 彼は昨年、撃たれた。 ペペ近くのバラ・デ・ラ・クルスの市長は、次のように認識しています。 「すべてのコミュニティと同様に、ここには小さな問題があります。」

ジョン・テキスターの新しいオリエンテーリングのボス

L’EQUIPE の 2 ページで、彼は将来のボスとなるフットボール クラブについて絶賛しています。 他のサッカークラブを所有している人なら誰でも、率直に言います。 油、 「私はそれに飛び乗らなければなりませんでした。最高のアカデミーの 1 つを持つ最高のラン クラブの 1 つです。」 彼は John Textor に言いたいことがあり、時間をかけてそれを言いました。 L’EQUIPE のジャーナリストは 2 日間にわたってそれを見ていきます。 彼はサッカー界に新しい経済をもたらし、入札から得られるお金でPSGに追いつきたいと考えています。 彼は、彼が所有する顔認識アプリである Facebank に情熱を注いでいます。 Textor はサッカーについてあまり語っていません。 彼は主にビジネスについて話します。 「私たちはクラシックなフットボール クラブでは何の収入も得られません」 彼は言った。 「私たちはエンターテイメントのコンセプトでこれを行います。 アメリカ人はこの評判を持っています:彼らはお金ですべてを行います. しかし、あなたは賢い投資家でなければなりません。 頭のおかしいおじさんは会社を経営するべきじゃないけど、たまにいいアイデアを思いつくのは彼だよ。」 待とう…

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。