なぜ日本はイノベーションを起こせなくなったのか?

ソニーとウォークマン市場の喪失

スティーブ・ジョブズはかつて、iPod の誕生について、当時携帯音楽プレーヤーを独占していた日本企業は必要なソフトウェアを開発できなかったと述べました。

Apple はこのようにして、デジタル音楽プレーヤー、そしてスマートフォンのマーケット リーダーとなり、日本の業界はこの市場のごく一部にとどまりました。 アメリカの会社の現在の市場価値は 326 億ドルですが、ソニーの市場価値はわずか 14 億ドル (2022 年 7 月 8 日現在) であり、大きな違いです。

なぜ日本は iPod やスマートフォン、タブレットのような画期的な製品を開発できなかったのでしょうか? 宮沢和正さんのコメントです。

「ソニーはiPod、iPhone、iPadのような製品を作るべきだったと思います。 この会社は、インターネットから音楽をダウンロードできるようにするウォークマン USB スティックを発売しましたが、その後、いくつかの失敗に見舞われました。 その一つがDRM方式(デジタル著作権管理)彼女が開発した非常に強い。 この DRM では、ダウンロードした音楽をデバイスにコピーすることしかできませんでした。 ソニーは音質にも非常に力を入れており、これらのウォークマン USB スティックには ATRAC (適応変換によるオーディオコーディング)、自家製のオーディオ圧縮技術です。 »

この製品は広く批判されています。 その頃、MP3 形式 (オーディオ ファイルを圧縮する技術) が世界中に広まり始めました。 ソニーはソニー ミュージックの親会社であり、この形式は部分的に違法であったため、ソニー製品は特に強力なコピー保護を備えていなければなりませんでした。

「しかし、Apple は使いやすさを優先し、コピー保護が弱い MP3 形式を使用していました。 »

2つの巨人のビジネスモデルはどのように異なっていましたか?

「ソニーが全盛期だった1980年代、ソニーの主力製品であるウォークマンや8mmカメラは、垂直統合の原則に基づいて構築されていました。 8mmビデオカメラを回転させる記録ヘッドやシリンダーは、非常に高度な技術を必要としました。 ソニーはすべてのコンポーネントを社内で製造しました。 日本はこの垂直統合を完璧にマスターした。 トヨタやホンダもこれを実践しており、すべてが同じ方法でグループ内で生産されていました かんばん (必要な時に必要な部品を正確な量で生産のすべての段階で供給することを可能にします)、日本の強み。 »

1990年代、アメリカは日本に追い抜かれることを恐れていました。

「当時、米国は防衛技術として開発されたインターネットを次世代技術の心臓部として開放し、あらゆる企業がこの広大なネットワークに参加できるようにしました。 これにより、インテルの CPU (コンピューターの中心部)、別のメーカーのハード ドライブ、マイクロソフトのソフトウェアなど、水平的な組織が生まれました。 標準化されたオープン スタンダードがこれを可能にしました。 日本はガラパゴス諸島症候群の犠牲者になり、この点で完全に的を外しました。 »

日本のメーカーは水平性に適応できなかった

1980 年代、日本企業は確かな技術コンポーネントとデバイスに基づく製品の小型化と品質のおかげで、支配的な地位を占めることができました。 しかし、グローバリゼーションがすべての国をつなぐと、逆転がありました。

「グローバリゼーションにより、Apple などの企業は製造工場を持たずに製品を簡単に設計し、水平分割を進めて大量かつ低価格で提供できるようになりました。 そのため、日本のメーカーは優位性を失いました。 »

宮澤氏は、「基準や規範の問題もあった」と付け加えた。 デフォルト デファクト」とは、英語で言うように、ビデオ カセットの VHS やパソコンの Windows オペレーティング システムなど、市場を支配したために実際に普及した製品であり、「 デフォルト 当然 » [en français, on parlera dans ce cas de « norme »]ISOまたは同等の機関に認められて標準となった規格。 B. 電池のサイズと材質、またはその種類を定義するもの。

「ほとんどのアメリカ企業は、Windows など、圧倒的に優れた製品を生み出し、世界を支配しています。 デファクト. 欧州企業は市場で優位に立っている 法律上 B. いくつかの国で ISO などの国際規格を採用することによって。 水平生産分業の時代に入ってから、日本は慣れていない デファクト まだ 法律上となり、その支配的地位を失った。 私にとって、これはその没落の主要な要因です。 »

日本はスタートアップを評価する必要がある

宮澤氏は、税金の問題や投資環境などの他の要因が、日本企業のダイナミズムと革新的な能力を弱めていると説明しています。

「多くの大企業は、改革が困難であることに気付いたため、成功を収めることができませんでした。 アメリカ社会は本質的に競争が激しく、時代の変化に適応しなければ、市場シェアを失い、倒産する可能性さえあるため、規模に関係なく、アメリカ企業は常に働き方を変えなければなりません。 しかし、これは彼らの新陳代謝の更新も生み出し、スタートアップ(つまり、急速な成長を遂げる新しい会社)の誕生を促進します。 »

Google と Facebook はどちらも、ベンチャー キャピタル セクターから資金提供を受けたスタートアップの起源です。 この資金調達により、他の財政的および人的資源を引き付けることができ、彼らの発展に資する環境を作り出し、おかげで彼らは急速に成長しました。 一方、日本では、岸田文夫首相が就任して以来、ベンチャー企業は4つの成長戦略に組み込まれただけだ。

現在、スタートアップへのベンチャーキャピタル投資額は、全世界で約70兆円に達しています。 約 40 兆人がアメリカ人で、全体の約 60% に相当します。 日本のシェアはわずか約8000億で、世界全体の約1%にすぎません。 予算が約 10 兆円と報告されている英国のベンチャー キャピタル ファンドである Softbank Vision Fund でさえ、これまでに米国、中国、またはインドで約 100 のスタートアップに投資してきましたが、日本企業には 3 社しか投資していませんでした。 2021年10月現在、バイオテクノロジー部門で。

「税金の問題もある。 たとえば、日本の仮想通貨税は非常に高いです。 もし会社が 初期のコイン提供 (ICO) 在庫価値が割り当てられ、この金額に対応する税金を支払う必要があります。 例えば、10億円のICOを行うと、現金化前の段階で30%、3億円の税金がかかります。 スタートアップはこのお金を持っていないため、この仮想通貨を売却する必要があります。 しかし、限られた時間内に大量に販売すると、すぐに価値を失い、10 億ドルではなく 1 億ドルになります。 その結果、ICO を行うことができる日本企業のほとんどが、シンガポールやスイスなどの海外に移転します。 私たちは頭脳流出と日本のブロックチェーン企業の完全な流出を目の当たりにしています。 »

日本企業の再生政策

日本企業は生まれ変わるのか宮澤さんに聞いてみた

「各国にイノベーションをもたらす新しい企業をサポートするシステムを整備する必要があります。 たとえば、「イノベーション賞」のようなものを作成したり、特許へのアクセスを容易にしたりします。 減税も必要です。 財政面では、日本政策金融公庫をはじめとする公的支援を強化する必要がある。 »

「民間レベルで最も重要なのは、大企業と新興企業のコラボレーションです。 大企業はイノベーションのために戦います。 逆に、スタートアップは資金を調達できなければ、成長することも、従業員を集めることもできません。 ベンチャーキャピタルだけでなく、大企業からの投資誘致や人材面での支援など、スタートアップを資金面から支援する取り組みが必要です。 »

ここで宮沢氏は、「協力する分野」と「競争する分野」を明確に区別する必要があり、前者については官民双方が公共インフラと標準化に積極的に投資することが重要であると強調しています。 そして彼にとって、大企業のボスはリーダーシップを示さなければなりません。 イノベーションは、研究と人的資源に資金を提供するための強力な投資によってのみ可能になります。 大企業の経営者の強い意志がなければ、それは難しいでしょう。

「今日、日本の最初の弱点はデジタル化であり、これはさらに重要になります。 他のどの国と比べても、日本は情報技術とインターネットへの投資が信じられないほど少額です。 社会全体がデジタルトランスフォーメーションを完了しなければなりません。 日本企業が抜け殻になってしまうことを非常に懸念しています。 先ほど申し上げたように、日本から優秀な IT スタートアップが次々と移転してきていることを考えると、日本は伝統的な産業企業だけにとどまるリスクがあります。 »

宮沢は、今日の日本の産業を「戦後の荒廃した風景」に例えさえしている。 生き残るためには、かつてないほど戦わなければなりません。 政治家、金融界、行政は、このことを認識し、何をすべきかを真剣に考えなければなりません。 »

(バナー写真:ソニー ミニウォークマン) [gauche] そして Apple の iPod は、2 つの巨人がポータブル ミュージック プレーヤーの世界を支配するために競い合いました。 写真は2010年11月19日。時事通信社)

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。