ひきこもり、フランスではまだほとんど理解されていない日本からのこれらの社会的庵

この極端な社会的引きこもりの行動は、現象を明確に特定することなく、フランスの何十人もの人々に影響を与えるでしょう。

ロボット”自我を変えるひきこもりとのコミュニケーション。 最新の政府統計によると、百万人以上の社会的庵(「ひきこもり」としても知られている)の本拠地であるこの国で増大する問題を解決しようとする日本の革新。 1990年代に登場し、文字通り「戻る” と “シワ「ひきこもり」とは、家を出て社会活動をすることができない人を指します。 そして、この現象は日本の領土に限定されるものではありません。

フランスでは、主に15歳から49歳までの数十人が、社会的関係なしに数か月または数年も自発的に孤立しているでしょう。 しかし、この現象はまだほとんど知られておらず、定量化するのは困難ですが、フランスにはこの問題に関する専門家が何人かいます。

「コンセンサス定義なし」

ひきこもりの共通の特徴について彼らが同意するのは難しい。 「」大きな問題は、コンセンサスの定義がないことです。 拘留期間は、国際的に調和した数少ないパラメーターの1つです。少なくとも6か月パリのサントアン病院の精神科医であり、ひきこもりの研究と研究のためのフランコフォン協会の創設者であるマリー・ジャンヌ・ゲジは言います。

「ひきこもりの大多数は、意識的にこの行動を選択しているので、まったく逆に文句を言いません。」

マリー-ジャンヌ・ゲジ

一時性は別として、人を社会的に引きこもりとして指定するために適切な基準はあいまいなままです。 現象が主に若い男性に影響を与える場合、女性または高齢者を除外する必要がありますか? 日本では、ひきこもりの初代は50歳以上です。 これらの隠者の平均年齢は、数年以内に20歳強から34歳以上に上昇しました。 「」私が治療した最年長の患者は48歳でした。‘マリー-ジャンヌゲジは言います。 買い物に行くなどの重要な外出で分割される可能性があるため、拘留も完了することができます。 ひきこもりと見なされる行動は、どのレベルの捕虜ですか? これらの質問はまだ研究者を分けています。

同様に、一次症例と二次症例(病理学的障害の影響を受ける)の違いについても説明します。 うつ病、不安神経症、または人格障害のある投獄された人々は、自発的に自己隔離しません。 マリー・ジャンヌ・ゲジは次のように回想しています。ひきこもりの大多数は、意識的にこの行動を選択するので、まったく逆に文句を言いません「。診断がないために医学的に認識されていない態度。最新のアメリカの疾病分類では、ひきこもりという言葉は出てこない。

統計では見えない

このあいまいさへの答えを提供するために、いくつかのリスク指標が最近作成されました。 フランス語のHQ25は、社会化、孤立、感情的側面の3つのカテゴリーに分けられたアンケートに基づいています。 ひきこもりリスクインベントリーのHRI-24は、2020年にイタリア人によって設立されました。 これらのゲージは、ひきこもりに近い行動を識別することを目的としています。 そこには “それは状態ではなく行動です。 多くの不安定な設定が関係しています‘マリー-ジャンヌゲジは言います。 これらの孤立した人々の多くは、一生そのようにとどまることはありませんが、しばらくの間です。 日本では、ひきこもりの半数が4年未満の隔離生活を送っており、この行動の平均期間は9。6年です。

この明確なフレームワークの欠如は、彼らの識別を制限します。 フランスでは、この現象を明確に定量化した研究はありません。 彼は900,000人のニートの1人であり(雇用されていない、学校に通っていない、インターンシップに参加していない)、統計では見えないままです。 「」全く数えられないので数字はありません「BemoansMarie-JeanneGuedj。 スペシャリストは、この用語が可視化されることを望んでいます。 解決を待つだけではいけないので、これを発表することが重要です。 意識向上キャンペーンと親のためのより良いガイダンスガイドが役立つでしょう“。

特に解散は、今日の主要な研究対象です。 多くの場合、この悪循環に影響を与えることができるのは隠者の家族だけです。 「」子供の状況を警告するのは必然的に両親です‘精神科医は同意します。 しかし、彼らの多くは、恥ずかしさから専門家に会うことや、長い時間をかけることをあえてしません。 「」私が出会った両親の多くは、子供のために正しいことをしていないと感じているため、非常に苦しんでいます。‘マリー-ジャンヌゲジは言います。 サポートは依然として最善の解決策ですが、ここでもパスは分岐しています。 日本は社会療法に焦点を当てることを好みますが、西洋は入院と医学的偏見を好みます。 フランスでは、この問題に関する保健省からの最新の勧告は日本の方向に進んでいます。

関連項目- 日本:パンデミックにより遅れ、最初の任天堂テーマパークが開園

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。