もう一つの日出ずる国、資生堂の物語

世界で最も古い化粧品会社は、150 年にわたって東洋と西洋の架け橋を築いてきました。 資生堂は、日本の知恵と美学とヨーロッパのノウハウを融合させています。 創始者である薬剤師の福原有信は、1872 年、パリで見たものに触発されて、東京のすでにヒップな銀座地区に最初の薬局をオープンしました。 アメリカへの旅行の後、彼はそこにソーダファウンテンを設置しました! 多くの分野のパイオニアであり、美しさは普遍的であると確信していた彼は、超伝統的な日本で最初の歯磨き粉、最初のカラーパウダー、最初の日焼け止め (1923 年) を販売しました。

1897 年に最初の化粧品が誕生しました。肌色用のユーデルミン ローションは、今日でも使用されています。 この特別なアニバーサリーを記念して、今秋、美しい限定版としてリリースされます。 もう 1 つのベストセラーは、ランゲルハンス細胞を介した免疫系と皮膚の防御機構との関係に関する研究の結果であるアルティミューンです。 8 秒に 1 コインという、世界で最も売れている美容液です。

美しさのためのイノベーションがグループのモットーであり、予算の大部分を研究に費やしています。 世界中の 8 つのセンターで 1,600 人を超える科学者が活躍しています。

1985 年には、バイオテクノロジー由来のヒアルロン酸を初めて大規模に製造、販売しました (以前は鶏冠から来ていました!)。 来年の 9 月には、パイオニアとしてのブランドの地位を確認する 2 つの美容液が発売されます。同社の研究所は、ヒアルロン酸分子のサイズを制御して、その特性を変化させることなく浸透を向上させる新しい技術を開発しました。 また、レチノールの安定性と可用性も向上しました。

もったいない、無駄のない芸術

神道などの宗教的傾向が自然を尊重する国では、持続可能性の概念が重要な位置を占めています。 発売される最新の製品は、アップサイクルへの失われないアプローチの一部であり、日本語で「もったいない」です。 シェフのティエリー・マルクスの助けを借りて昨年再設計されたWasoシリーズは、この最も良い例です. 最高品質を含む他のラインでは、瓶は詰め替え可能で販売されています.

Shi-sei-do、資源、生命、家を意味する 3 つの音節、3 つの表意文字。 個と普遍、内と外、科学と創造、機能性と日本品質のバランスを提唱する価値観。 このグループは 120 か国に存在し、ナルス、セルジュ ルタンス、イッセイ ミヤケ パルファム、ナルシソ ロドリゲス、ドルチェ & ガッバーナなどの他のブランドを所有しています。


資生堂の歴史における重要な日付

1872年 福原有信は、パリで見た薬局に触発され、東京の銀座に薬局を開いて資生堂グループを設立しました。 1897年に最初の化粧品であるユーデルミンローションが誕生しました。 今も市販されています。

©DR

1966年 広告キャンペーンは、たとえばこのブロンザーのように、純粋に日本の美的コードの流れに逆らうことがよくありました. 1980 年代、当時の芸術監督セルジュ・ルタンスは、西と東を結び付けた新しいビジュアル アイデンティティを生み出しました。

©DR

2022年 資生堂は 9 月に非常に革新的なセラム デュオを発売します。 ナイトフォーミュラは凝縮されたヒアルロン酸分子を拡散させて肌への浸透を高め、デイフォーミュラはそれらをふっくらさせて表皮を引き締めます。

Femina の最新記事を受け取るには、ニュースレターを購読してください。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。