アカヌークが東京で日本人の相手と話す

日本の岸田文夫首相は、水曜日に東京で開催されたアジズ・アカヌーシュ首相との会談で、重要なパートナーであるモロッコが日本が主催するすべての会議に出席できるようにしたいという彼の願望を繰り返した。

日本の首都、赤坂主催のパレスで開催されたこれらの会談の間、岸田は、主要なパートナーであるモロッコが日本が主催するすべての会議に参加し、国際機関における両国の行動を調整することを望んでいることをアカヌーチ氏に約束した。とフォーラム。 日本の首相は、モロッコ王室と日本の皇室をつなぐ素晴らしい関係を強調したかった.

彼は、ムハンマド 6 世国王陛下が果たした重要な役割を称賛しました。 世界の平和と安全を維持するために。 さらに、日本の首相は、特に農業と肥料の分野で、モロッコとの協力と交流を発展させることに日本の関心を表明した。

岸田氏は、再生可能エネルギーに関する国王陛下の賢明なリーダーシップの下、モロッコの前衛的な政策を歓迎した。 岸田氏はまた、今年、モロッコと日本の間で投資促進・保護協定と二重課税協定が発効したこと、モロッコに70社以上の日本企業が進出し、5万人以上の直接雇用を創出したことを歓迎した。王国で最初の外国人個人雇用主。

この会議中、アカヌークはムハンマド 6 世国王陛下のお悔やみを繰り返し述べました。 安倍晋三元首相の死後。 彼はまた、より多くの日本企業を受け入れ、あらゆる分野で日本との協力を拡大するモロッコの意欲を繰り返した。 会談は、両当局者が国際情勢、特に食料とエネルギー安全保障の分野を再検討する機会となりました。 この点で、両首脳は、モロッコと日本の既存の関係の堅固さを歓迎し、関係をさらに深めたいという希望を表明した。

このインタビューの間、日本の首相は、分離主義者の実体を認めないという日本の立場を繰り返した。

念のため、アカヌークは、火曜日に東京の日本武道館で開催された元日本の首相、故安倍晋三の国葬で、ムハンマド 6 世国王陛下の代理を務めました。

この式典に続いて、総理は赤坂御所に行き、そこで国王陛下のお悔やみを日本の総理大臣と故人の妻である安倍昭恵女史に贈りました。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です