アジアの株式は強気のデータで上昇し、FRB はドルを支持します。

今週、連邦準備制度理事会の当局者が金融引き締めはまだ終わっていないと強調し続けた後、ドルは史上最高値近くを維持しました。 しかし、米国債利回りは 2 週間ぶりの高値を下回ったままで、投資家が今週の給与データを控えて傍観していたため、金利の方向性が決まりました。

原油価格は、米国のデータが予期せぬ在庫の増加を示したため、昨夜、ほぼ 6 か月ぶりの安値まで下落した後、安定しました。

日本の日経は 0.58% 上昇し、中国の優良株は 0.55% 上昇し、香港のハンセンは 1.24% 上昇し、テクノロジー株指数は 2.29% 上昇しました。

MSCI の広範なアジア太平洋株式指数は 0.65% 上昇しました。

米国 S&P 500 指数の先物は、基になる指数が一晩で 1.56% 上昇し、ハイテク株の多い Nasdaq が 2.73% 上昇して 3 か月ぶりの高値を記録した後、ほぼ横ばいでした。

PayPal の堅調な財務結果はセンチメントを押し上げ、データは米国の工業製品の新規注文が堅調に増加したことを示しました。

一方、インフレを抑えるためにはさらなる引き締めが必要だと主張する FRB 当局者がますます増えています。

しかし、サンフランシスコ連銀のメアリー・デーリー議長は、ロイターとのインタビューで、次の9月の会合では、さらに75ベーシスポイントの利上げではなく、0.5ポイントの利上げが必要になる可能性があると語った.

FRB 議長のジェローム・パウエルは先週、中央銀行が 9 月 20 ~ 21 日の会合で別の「異常に大きな」利上げを検討する可能性があると述べました。

ロブ氏は「FRBが引き締めから遠ざかっているという見方は、過去48時間でほぼ全員が否定しており、引き続き非常に積極的に利上げを行うと述べている」と述べた。 ING シンガポールのアジア太平洋研究責任者である Carnell 氏は、次のように述べています。

「そのメッセージは株式市場に届いていません。株式市場は、かなり強力な連続収益とかなりまともな経済データを見て、現在行っていることを行うのではなく、それが素晴らしいことだと考えています。」 “

トレーダーは現在、50 ベーシスポイントの利上げの 58.5% の可能性を織り込んでいる。

ベンチマークの長期米国債利回りは、木曜日の東京での取引中、約 2.71% で安定したままでした。 7 月 22 日以来の最高水準である 2.851% まで急騰しましたが、その後、デイリーのコメントを受けて、より低い終値に押し戻されました。

主要6通貨に対して米ドルを測定するドル指数は、前の取引で1週間ぶりに106.82を記録した後、木曜日に0.11%下落して106.36となった。

米国の利回りに非常に敏感な日本の通貨に対して、ドルは一晩で 134.55 円に達した後、0.24% 下落して 133.51 円になりました。

ロイターが調査したアナリストの大半は、ドルはまだピークに達していないと考えている。

原油は、データが米国での燃料需要の弱さを示した後、前日の数か月ぶりの安値から回復し、アジア取引の初期に上昇しました。

ブレント原油先物は 53 セント高で 1 バレル 97.31 ドル、ウェスト テキサス インターミディエイト (WTI) 原油先物は 55 セント高の 91.21 ドルでした。 両方のベンチマークは、水曜日にそれぞれ 96.50 ドルと 90.66 ドルで、2 月以来の最低値を記録しました。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。