アジア安全保障サミットで、日本は地域安全保障におけるその役割を強化することを約束します。

以前、シャングリラシンガポール対話の初日に、米国国防長官ロイドオースティンと中国国防長官魏鳳河が最初の対面会議を開催しました。

双方は彼らの関係をより良く管理したいという彼らの願望を繰り返したが、北京とワシントンは、台湾の主権から太平洋での中国の軍事活動、ロシアのウクライナ侵攻まで、いくつかの不安定な治安状況について二極化したままであった。

会談後、中国と米国の当局者は会談の誠実さを強調し、それが両軍間のさらなるコミュニケーションへの扉を開くのに役立つ可能性があることを示した。

しかし、長年のセキュリティ紛争を解決する上での突破口の証拠はありませんでした。

昨年就任した岸田文雄氏は、開会のスピーチで、ロシアのウクライナ侵攻が「国際秩序の基盤」を揺るがし、世界を岐路に立たせたと述べた。

彼は、日本は「現実主義の外交」の新時代に突入すると述べた。これは、戦後の太平洋主義から距離を置き、主要な同盟国である米国の影から抜け出し、より大きな役割を果たすための東京の新たな動きである。彼が中国、北朝鮮、ロシアと対峙する安全保障を果たす地域。

「日本、アジア、そして世界が直面している課題や危機に、これまで以上に積極的に取り組んでいきます」と岸田文雄は語った。

「このような背景のもと、この地域の平和秩序を維持・強化するために、「岸田平和ビジョン」を推進し、この地域における日本の外交・安全保障の役割を強化していきます。」

会議はアジアの安全保障問題に焦点を当てていますが、ロシアのウクライナ侵攻は依然として議論の焦点となっています。

数万人が死亡し、数百万人が根こそぎになり、都市が瓦礫になってしまった紛争は、先週100日目を迎えました。

米中会議中、オースティンは「中国が戦争のためにロシアに物的支援を提供することを強く思いとどまらせた。 これに対し、中国の防衛スポークスマンは、北京はロシアに軍事援助を提供していないと述べた。

今年初め、ワシントンは、北京がウクライナとの戦争でロシアを支援する準備ができているようだと警告した。

しかし、米国当局はそれ以来、中国のロシアに対する長年の支援に警戒しているものの、少なくとも今のところ、懸念していた軍事的および経済的支援は実現していないと述べている。

中国はロシアの攻撃を非難したり、それを侵略と呼んだりせず、代わりに交渉による和解を求めた。

ウェイとオースティンの会議のほとんどは、世界の2大経済間の外交的緊張の最も深刻な原因の1つであるタワンの将来について議論するために費やされました。

米国は台湾のトップの国際的支持者であり武器供給国であり、ワシントンと北京の間で継続的な緊張の源となっています。

台湾の自治権を自国の領土と主張する中国は、台北とワシントンの間の「結託」と呼ばれるものに対応して、過去2年間で島の近くで軍事活動を増やしてきました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です