アジア諸国は世界への再開を加速している

京都花まつりの舞妓さん。 (舞妓は小明。Photo by 撮影者名。licensed CC BY-SA 2.0-55maiko.net

中国と並んで、日本は旅行者にとって旅行が依然として複雑な最後の 2 つの国の 1 つです。. しかし、国は国境を徐々に再開するという政策を続けています。 9月7日から 日本は陰性のPCR検査を提出する要件を削除します 72時間未満のCovidに。 この措置は、完全に予防接種を受けた旅行者にのみ影響します。 つまり、日本政府はワクチンを 3 回接種することになります。

その他の救済: 個人で来られるようになりました グループへの参加を強制される代わりに。 ただし、現地の旅行代理店を通じて完全な旅程を予約する必要があります。 感染した場合に旅行者を見つけることができたという話。 対照的に、 ビザなし入国制度のための帰国なし Covid危機の前に施行されました。 したがって、ヨーロッパからの旅行者は、日出ずる帝国に参加する前に必ずビザを申請する必要があります…

10月は台湾?

台湾がその強力な中国の隣人をエミュレートできると主張できる地域が1つあるとすれば、それは 他の世界への開放性の欠如. しかし、台湾政府はついにすべての外国人観光客を歓迎する準備が整ったようです。 台湾の蔡英文総統は、議会とCovid-19の管理を担当する機関にそうするよう要請しました 再開のタイムラインを作成する. どうやら10月 ついに外国人旅行者が島を訪れることができるようになります。

(写真:バンコクLC)

ビザなしでタイで45日間

最後に、 タイは引き続き入国制限を緩和 海外旅行者向け。 したがって、国はビザ免除の旅行者(欧州連合の国民を含む)を禁止することを決定しました 王国での 30 日ではなく 45 日. 措置は現在一時的なものであり、 2023年3月末まで有効. 陸路または 15 日間のビザで到着する旅行者は、同じ期間に 30 日間滞在できます。 この措置は 10 月 1 日に発効し、当局によると、国際観光客の帰国を後押しすることを目的としています。

リュック・シトリノ

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。