アストラゼネカ:日本で 2 つの薬剤の承認 – 2022 年 9 月 27 日午前 10 時 22 分

(CercleFinance.com) – アストラゼネカは今朝、Tezspire (tezepelumab) が吸入コルチコステロイドやその他の長期維持療法で症状をコントロールできない患者の喘息の治療薬として日本の当局から承認されたことを発表しました。

日本の保健当局は、「テズスパイアはプラセボと比較してすべての重要な主要および副次評価項目で優位性を示した」フェーズ III 研究に依存しているとラボは述べています。

「臨床試験を通じて、Tezspire は重度の喘息患者の多くの集団で重要な結果を示しており、この承認により、医師は日本の患者に重要な新しい治療オプションを提供できるようになりました」医学博士、東京。

さらに、AstraZeneca は、Koselugo (セルメチニブ) が、神経線維腫症 1 型 (NF1) の網状神経線維腫 (PN) の臨床症状 (痛みや外観障害など) を伴う 3 歳の若さの患者の治療について、日本でも承認されていることを報告しています。 )。 重大な合併症のリスクなしに手術で完全に除去できない PN。

NF1 は、世界で 3000 人に 1 人が罹患する衰弱性の遺伝性疾患で、10 歳未満の子供で最も一般的に診断されます。

保健当局の承認の根拠となったこの研究では、経口治療薬であるコセルゴが子供の手術不能な腫瘍のサイズを縮小したことが示されました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です