アトスはワールドラインの全株式を売却する予定です

プレスリリース

このプレスリリースは、米国、オーストラリア、日本、またはそのような公開、送信、または配布が違法となるその他の司法管轄区において、直接的または間接的に公開、送信、または配布することはできません。

アトスはワールドラインの全株式を売却する予定です

パリ 13 2022年6月 -アトスは、ワールドラインの全持分である約700万株を売却する予定であり、これはワールドラインの資本の約2.5%に相当します。 売却は、機関投資家が直ちに発効する加速された配置(「配置」)の一部として行われます。

アトスは、ゴールドマンサックスバンクヨーロッパSEと同時にデリバティブを設定し、2019年満期の2024年満期の交換可能債券にリンクされたワールドライン株式への残存エクスポージャーをヘッジします。 ゴールドマンサックスバンクヨーロッパSEは、デリバティブのカウンターパーティとして、オーダーブックに注文を出すことにより、オファリングのワールドライン株式を購入することにより、そのポジションをヘッジします。

配置後、アトスはワールドラインの株主ではなくなります。

ゴールドマンサックス銀行ヨーロッパSEは、デリバティブ取引の配置およびカウンターパーティの主幹事として機能します。 Rothschild&Coはファイナンシャルアドバイザーを務めています。

配置の最終条件は、2022年6月14日までに発表する必要があります。 配置は2022年6月16日に解決する必要があります。

***

アトスについて

Atosは、デジタルトランスフォーメーションの分野で国際的なリーダーであり、従業員数は111,000人、年間売上高は約110億ユーロです。 クラウド、サイバーセキュリティ、スーパーコンピューターのヨーロッパナンバーワンとして、このグループは71か国のすべての業界に統合ソリューションを提供しています。 アトスは、脱炭素サービスと製品のパイオニアとして、安全で脱炭素化されたデジタルソリューションをお客様に提供することに取り組んでいます。 Atosは、ユーロネクストパリに上場しているSE(European Company)であり、CAC40ESGおよびNext20インデックスの一部です。

それか 阿藤の目的 情報空間の形成を支援することです。 そのスキルとサービスで、グループは多文化アプローチで知識、教育、研究の発展をサポートし、科学技術の卓越性の発展に貢献しています。 世界中で、アトスはその顧客と従業員、そして一般的に最も多くの人々が、情報空間に完全な自信を持って持続可能な生活、仕事、発展をすることを可能にしています。

vsコンタクトs

投資家向け広報 | トーマス・ギロワ| +33 6 21 34 36 62 | thomas.guillois@atos.net

メディア | マーティンボボ| +33 6 14 46 79 94 | martin.bovo@atos.net

警告
このプレスリリースは情報提供のみを目的としており、金融担保の販売、購入、または申し込みの申し出を構成するものではありません。また、ワールドライン株式の募集は、管轄区域の適格投資家以外の者への公募を構成するものではありません。フランスを含む。

このプレスリリースは、英国での直接または間接の配布を対象としており、(i)2000年金融サービスおよび市場法(金融振興)命令2005(「FSMA」)のセクション19(5)の範囲に含まれる専門投資家のみを対象としています。 。 )または(ii)「富裕層」およびFSMAの第49条(2)(a)から(d)の範囲に含まれる法的受領者である可能性のあるその他の者((i)で言及されている者と一緒に) 、「適格者」)、他のすべての人を除く。

このプレスリリースで説明されている証券は、1933年米国証券法(「証券法」)に基づいて米国で登録されておらず、今後も登録されません。 そのような証券は、そのような登録または証券法に基づく登録の免税がない限り、米国で提供または販売することはできません。 この取引の一環として、米国ではこれらの証券の公募は行われません。

ワールドラインの株式の購入に関する投資決定は、ワールドラインに関する公開情報に基づいてのみ行う必要があります。 この情報はAtosの責任ではありません。

ソース : https://www.globenewswire.com/news-release/2022/06 …

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。