アフリカのニーズに合わせて資金を調整する

6月28日、AfricaPresseとCAPPがAFRIJAPANと協力して開催した、第4回アフリカ大使会議がパリで開催されました。

2022年8月27日と28日にチュニスで開催されるTICAD8の前奏曲として、アフリカ、フランス、日本の外交団が大陸での日本の協力を評価する機会となりました。

JDBC:48年間の協力の後、なんとバランスが取れているのでしょう。

1974年に設立された国際協力機構(JICA)は、開発援助の実施を担当する日本の機関です。 教育、ヘルスケア、アグリビジネス、インフラストラクチャなど、大陸の主要セクターに投資しています。 現在、31か国に存在し、大陸のすべての国と協力しています。 1993年に設立されたアフリカ開発会議(TICAD)を通じてその行動を支援しています。 さらに、日本は現在、アフリカ開発銀行(AfDB)の非アフリカ株主として2番目に大きいだけでなく、アフリカ開発基金(ADF)への累積拠出額でも4番目に大きい貢献者です。合計で約47.6億ドルがこの基金に寄付されました。 また、大陸で最も脆弱な国々への譲許的融資の最大のプロバイダーでもあります」とアフリカ開発銀行の副総裁であるYacineFallはスピーチで述べました。

写真では、アフリカ開発銀行の副総裁であるYacine Fallと、モロッコ駐仏大使のMohamedBenchaabounが真ん中に見えています。

2019年のTICADの第7版では、日本は大陸間の接続性を改善するためにインフラセクターに720億円(5億ドル以上)以上を投資しました。 これにより、600万人のアフリカの子供たちに質の高い医療を提供し、医療部門で23,000人を訓練することも可能になりました。 日本はアフリカ大陸の構造変化に多額の投資を行っています。 実際、26万人以上の若いアフリカ人がアグリビジネスのさまざまな分野でのトレーニングの恩恵を受けています」と、伊原純一駐仏日本大使は述べています。 2020年度のJICAの投資総額は2260億円(約200万米ドル)を超えました。
しかし、アフリカ人は「開発援助」よりもウィンウィンのパートナーシップを望んでいます。

開発援助を超えて、開発金融

アフリカ大陸は、投資家に最高の成長源を提供する数少ない場所の1つです。 実際、危機前の2019年のGDP成長率は、大陸の54か国すべてで平均約4%でした。 エチオピアのような国の2019年の成長率は8.2%でした。「アフリカは今日、切望されている大陸です。[…]。それは、10年以上の間、先進国と新興国の間の勢力均衡と影響力のバランスの中心にありました。 世界の未来はここで危機に瀕しています」とモロッコのフランス大使であるモハメド・ベンチャボウンは言いました。

アフリカ開発銀行の最新の統計によると、アフリカ大陸のインフラストラクチャーへの融資ニーズは2025年までに1,700億米ドルに達するでしょう。 対外援助:「対外援助の概念は完全に終わりました。 アフリカ諸国は開発金融ロジックの一部です。 彼らは彼らの開発に資金を提供するために借りています」とYacineFallは言いました。 この開発のパートナーは、成長を可能にするセクター、特に民間セクターにより多く投資することが急務です。

アフリカの新興企業への融資に焦点を当てたNINJA(Next Innovation with Japan)プロジェクトなどのイニシアチブは、農産食品、ロジスティクス、プロセスのデジタル化などの成長を促進するセクターにさらに焦点を当てる必要があります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。