アフリカの平和と安全のためのグローバル イニシアチブ (IGPSA) が第 2 回ウェビナーを開催

(IGPSA) – IGPSA の目的は、アフリカ大陸における平和、安全、および開発の問題に対する多国間アプローチを促進することです。 特に成功した第 1 版の後、IGPSA は 11 月 29 日の 11:00 から 12:30 (UTC+1) に第 2 回ウェビナーを開催します。 誰にでも開かれ、日本のアフリカへの取り組み、その成果、特徴をよりよく理解することができます。

トンブクトゥ研究所と提携して組織され、在セネガル日本大使の伊澤治氏によって開かれたこの会議には、バックグラウンドと専門知識が高いレベルの交流を約束する3人の人物が集まります。

  • 上須小夜子氏、東京の政策研究大学院大学 (GRIPS) の准研究員、アフリカ問題の専門家。

  • Bakary SAMBE 氏、トンブクトゥ研究所アフリカ平和研究センター所長 (ダカール、ニアメ);

  • 欧州連合安全保障研究所(EUISS)のサハラ以南のアフリカに関する分析と研究の責任者、ジョバンニ・ファレグ氏

ディスカッションは Oumarou BARRY 氏によってモデレートされます。 東京を拠点とするジャーナリストは、特に人気のある 2 つの汎アフリカ テレビ番組、ビジネス アフリカとイニシアチブ アフリカの編集長を務めました。

日本のアフリカ政策について簡単に説明した後、講演者はその成果と特徴についての見解を共有します。

彼らの介入は、特に安倍晋三首相(2012年から2020年)の行動から生じるでしょう。 アフリカへの関心は、2016 年の TICAD (アフリカ開発会議) のアフリカ大陸への最初の移転地であるケニアに示されています。 近年、この大規模な国際年次集会への日本の民間部門の関与が高まっています。

この機会に、講演者は日本とアフリカの協力に関する最新ニュースを分析し、2022 年 8 月にセネガルがアフリカ連合の輪番議長国を務めるチュニスで開催される TICAD 8 に戻ります。 日本の岸田文夫首相は必要だと感じた強い発言をした 「歴史的過ちを正す」 アフリカが国連安全保障理事会の常任理事国になるために。 同じ当局者は、日本が2023年から2024年に非常任理事国になるとき、日本はこの方向に進むだろうと付け加えた.

日本のアフリカとの新たな協力は現在、グリーン経済と新興企業への投資による成長の加速、医薬品とワクチン製造の支援による回復力のある経済、食料安全保障、そして最後に、調停と紛争防止。 その実施は、3年間でアフリカへの民間および公的資金で300億米ドルの裁定によって支援されます。

ディスカッションは、スピーカーと参加者の間の質疑応答セッションで終了します。 このウェビナーはどなたでもご参加いただけます。 組織は、「IGPSA Japan WEBINAR」という件名のアドレスに電子メールを送信して、関心のある関係者に登録を呼びかけます。 info@igpsa.eu.

IGPSAについて

アフリカの平和と安全のためのグローバル イニシアチブ (IGPSA) は、アフリカ大陸の平和、安全、開発の問題に対する多国間アプローチを促進することを目的としています。 IGPSA は、ヨーロッパ大陸とアフリカの間のリンクになることを目指しており、アフリカの平和と安全に関する国際ダカール フォーラムの 2021 年版から出現したダイナミクスの一部であり、このフォーラムで行われた豊かな交流を継続する必要があります。より良い相互理解を支持して、政治家や専門家による可能性と深化の両方の機会が開始されました。

若者と才能に焦点を当てたこのイニシアチブは、断固としてオープンで、包括的で、参加型であることを目指しています。 IGPSA は、出版物や会議を通じて、アフリカ諸国の戦略的エンパワーメント、協力メカニズムの統合と調整、ガバナンスと開発におけるベスト プラクティスの促進、新たな脅威との戦いなど、多様な戦略的問題に対処することを目指しています。サイバー犯罪や偽情報を含みます。

平和と安全のためのグローバルイニシアチブの立ち上げは、欧州連合によって支持されました。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です