アルツハイマー病に苦しんでいる彼は、家族の中で殺人を犯し、その記憶がありません。

2020年、88歳の日本人男性が16歳の孫娘を刺して殺害した。 アルツハイマー病に苦しんでいる彼は、今日それを思い出せなくなっています。

信じられないほどの事件。 日本では、88歳の男性が孫娘を刺して殺害したことを認めたが、アルツハイマー病のために記憶がない。 2020年、福井市で悲劇が起こりました。 伝えられるところによると、9月9日の夕方、当時86歳だった富沢進は、同居していた16歳の孫娘の朋美と喧嘩をした。 酔っ払った老人は、6インチの包丁を手に取り、部屋に閉じ込められていた10代の少女に数回の打撃を与えた。

5月31日accで判断 CNN富沢は無罪を主張し、彼の弁護士は彼が無罪であると信じていた 「彼の認知症とアルコール使用のために、当時は非常識でした」それでも、八重奏者のメンタルヘルスを評価した何人かの医師は、富沢進が孫娘を殺す動機を持っていると言った。 「」彼の行動は思慮深く、殺すという彼の意図と一致していた「特に精神科医の中川博樹を一番上に強調しました。

男は懲役4年半の判決を受けた

彼は悲劇を思い出せないが、 富沢進は懲役4年半の判決を受けました。 裁判官は、被告の記憶喪失が彼の判断を完全に損なうものではないと判断した。 「」慎重に検討し、被告と協議した後、慎重な決定を下しました川村義信裁判官は言った。 被告人は、犯行当時精神的倦怠感があり、善悪の判断や破綻に苦しんでいたが、何もできない状態ではなかった。。」

世界で最も人口の多い日本では、高齢者による犯罪が増加しています。 「L日本の刑務所は認知症の高齢の受刑者でいっぱいです京都の龍谷大学の刑事司法専門家兼法学教授である浜井浩一氏を強調します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。