アントワーヌ・デュポンは、レッドカードを受けた後、「罪悪感を感じた」と認めた。

フランス XV のキャプテンは、彼の解任、南アフリカの勝利中にチームメイトを遠くから追うことの苦痛、そして次の日曜日にトゥールーズで行われる日本との最終親善試合を逃したことの苦痛について打ち明けた。

フランスの XV は、南アフリカに対して 12 連勝を達成しました。 30-26. そのキャプテンとゲーム マスターは、フィールドの外で多くのことを見守っていたに違いありません。 48回目のレッドカードの後、記者会見で、トゥールーズはゲームのハイライトの1つに戻ってきました。私たちは困っているように感じます。私は少し場違いです。 Uini Atonio が 1 人で Cheslin Kolbe と対戦しているのがわかります。キックは非常にうまく行われています。 ボールは宙に浮いていて、目を離すことはありません。 エラーはありますが、自発的ではありません。 Cheslin は怪我をしていた可能性があります。 この赤は、トライを成功させたチームへのヒットです。 私はとても罪悪感を感じました。»

休憩の後、ブルーズ スクラム ハーフとスタッド トゥールーザンは、ミー カルパを続けました。 “その時は罪悪感がすごくありました。 自分を罰するのは私です。 トゥールーズでの最後の試合が恋しい (次の日曜日の日本戦), 私にとって何が重要だったのか。 このツアーを終わらせません…»

彼の側では、ファビアン・ガルティエがすぐにサポートに来ました。 “罪悪感を感じる必要はありません。 どのプレイヤーも罪悪感を感じるべきではありません。 マックスってすごいな (後継者として登場したマキシム・ルク、編集者注) あなたの使命に同行する方法を知っていました。 そして 14 歳のとき、彼らはあなたのためにゲームに勝ちたいと思っていました。»

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です