イノベーション: 不完全なメンタル モデル

投稿日: 2022 年 9 月 16 日




もっている
+

問題を定式化する方法、つまりメンタル モデルによって、問題を解決する能力が決まります。

悪いメンタル モデルは私たちを閉じ込めますが、良いメンタル モデルは可能性を開きます。 良い例は、イノベーションの分野における探査と開発の違いです。 この区別は今や普遍的で明白に見えますが、よくあることですが、文脈から切り離されて関係のない領域に適用されることは言うまでもなく、物議を醸しています。 これに基づいてイノベーションについて考えるのをやめる時が来ました。

探査と搾取の区別は、1991 年の有名な研究者ジェームズ マーチの論文で最初に展開されました。 マーチは次のように書いています。

「適応プロセスの研究における中心的な関心事は、新しい可能性の探求と古い確実性の活用との関係です。 探索には、研究、バリエーション、リスクテイク、実験、遊び、柔軟性、発見、革新などの用語が含まれます。 活用には、改善、選択、生産、効率、選択、実装、実行などが含まれます。」 さらに、「探査と開発の間の適切なバランスを維持することは、システムの存続と繁栄における重要な要素です。 »

その区別は明確で、明らかであり、イノベーションの世界では福音となっています。 特に、これは大企業による探査専用の施設(実験室、創造性スペースなど)の作成を説明しています。

しかし、それはいくつかの非常に疑わしいメンタルモデルを反映しています

メンタル モデル #1: 探索はイノベーション

ここには、発明とイノベーションを混同する危険性があります。 私たちは多くのことを研究していますが、何も市場に投入していないか、半分しか市場に投入していません (Kodak)。 探査は大企業の悩みの種です。 彼らは、概念の証明、実験、または特許の複製を行うことによって、革新の幻想にふけっています。 Nokia は、Apple よりずっと前にタッチスクリーンとスマートフォンのプロジェクトを行っていましたが、それについては何もしませんでした。

メンタル モデル #2: イノベーションは探求です

探検家とは、まったく新しいものを発見するために遠く離れた土地に足を踏み入れる人のことです。 探求の概念の背後には、現在の活動とイノベーションの対象との間にかなりの知識距離があるという考えがあります。 しかし、これは必ずしもそうではありません。

一部の一時停止は、認知的にこのアクティビティに非常に近いものになる可能性があります。 EasyJet は、知識の観点からは同一であるにもかかわらず、エール フランスにとって破壊的です。 EasyJet と Air France の間に探査デルタはありません。 さまざまなビジネス モデルがあり、そこにイノベーションがあります。 したがって、イノベーションは必ずしも重要な知識の創造ではなく、知識の発見は言うまでもありません。

メンタルモデル #3: 搾取は知識もイノベーションも生み出さない

ここに、搾取と探求の区別の根底にある精神モデルが大規模に現れ、高貴な領域である思考の領域と、より低い領域である実行の領域を分離します。 最初のものだけが知識を生み出します。 しかし、それはどういう意味ですか 実行より一般的に言えば、運用の世界は非常に複雑であり、その見返りとして、大量の知識が必要であり、生産されます。

つまり、日本の産業力は、1970 年代に、工場での日々の作業から得られた微細な改善に基づいて構築されました。 言い換えれば、日本の製造業における大きなブレークスルーは、探求からではなく、30 年間の知的な「開発」からもたらされたということです。

メンタルモデル #4: 探索はイノベーションのジレンマを解決する

ジレンマは、認知的に離れた活動や知識の重要な違いから生じるのではなく、現在の活動と新しい活動の間の対立から生じる. 1995 年、コダックは新しいデジタル技術が既存の (フィルム) ビジネスを時代遅れにするという問題を抱えており、それを推進することに消極的でした。 コダックは何十億ドルもデジタルに費やしても成果はありません。 多くの製品が導入されていたため、完全な探査ではなく、この地域が非常に新しいため、完全な開発でもありませんでした。

言い換えれば、探査と開発の区別は、1995 年にコダックが直面したイノベーションの状況を説明するのに適切ではありません。これは、ほとんどの大企業が環境の混乱に直面している状況です。

メンタル モデル #5: プロジェクトの性質を区別できる アプリオリ (搾取的、探索的)

そのため、それらを専用のユニットに配置し、それぞれが独自のプロジェクトを生成することができました。 しかし、プロジェクトの進行だけが多かれ少なかれ破壊的な性質に向けてそれを導くでしょう。 ほとんどのブレークスルーは、最初は純粋に漸進的であると思われ、その後破壊的になった既存のビジネスを改善することから生まれます。 私たちが行動するとき、私たちがしようとしていることが漸進的な革新につながるか、それともブレークスルーを開始するかを常に知ることはできません.

これこそが、企業が探査専用のエンティティを作成する際の問題のすべてです。 これらのユニットの多くは、組織の活動から完全に切り離された白い象に取り組んでいるため、すぐに軌道に乗せられます。 極端な場合、彼らは反抗的な若者や怠惰な幹部の遊び場です。 探査ユニットに画期的なイノベーションを留保するということは、ブレークスルーが起こらないリスクを冒し、開発部分でイノベーションが発生しないというリスクを負うことを意味します。

メンタル モデル #6: 不確実性がある場合、探索は適切です

それどころか、行動の起業家的論理である発効は、不確実性に直面して行動する必要があることを示しています。 発見するものは何もありません。何かを作成する必要があります。 Airbnb の 2 人の創業者が、居間で誰かが眠るためにエアマットレスを膨らませているとき、彼らはそれを研究しているのでしょうか? 私たちは皆、訪問者を家に迎えるためにそれをしました。

これは、非常に日常的なことであると同時に、Airbnb にとって非常に破壊的な起業家的冒険の出発点でもあります。 それは探索でも搾取でもありません。 それは創造的な行動です。

探索するのではなく、作成する

したがって、探索と搾取の区別は、それが論理的で魅力的である場合、根拠がなく、何よりもほとんど意味がなく、非生産的ですらあります. あなたが起業家または社内起業家である場合、重要なのは新しい知識の創造ではなく、新しい活動です。 探索するな、創造せよ。

インターネット上で

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。