インドネシアと日本が製薬分野で協力

インドネシア製薬協会(GPFI)は10月6日、大阪で日本製薬工業協会連合会(FPMAJ)と医薬品分野での協力に関する覚書に調印した。

>> インドネシアと日本がエネルギー転換に関する協力議定書に署名

10月6日、大阪で行われたインドネシア製薬協会と日本製薬団体連合会との調印式。
写真:アンタラ/ CVN

GPFI F のティルト・クスナディ会長は、駐日インドネシア大使のヘリ・アフマディ氏と大阪のインドネシア総領事ディナ・スティクノ氏の出席のもと、インドネシア・日本医薬品・医療機器フォーラムで FPMAJ の宮島敏彦事務局長と MOU に署名した。

経済フォーラムで覚書に署名する目的の 1 つは、インドネシアの G20 議長国の主要テーマの 1 つである、グローバル ヘルス アーキテクチャの構造の強化をサポートすることです。

インドネシアの製薬および医療機器産業は、今年の第 2 四半期に 2.1% のプラス成長を遂げた潜在的なセクターの 1 つです。

この目的のために、インドネシア政府は、医薬品および医療機器産業を、「インドネシア 4.0 の開発」戦略における国の 7 つの優先分野の 1 つに指定しました。

そのため、インドネシアの医薬品および医療機器業界では、さまざまな簡単なインセンティブと規制が提供されています。

VNA/CVN

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です