インフレ率は 10 月に 3.6% に達し、40 年ぶりの高水準に達した

日本の消費者物価インフレ率は、1982 年以来記録的な水準に達しており、対ドルで円が下落し、輸入コストが上昇し、エネルギー価格が上昇しています。

金曜日に発表されたデータによると、10 月の日本のインフレ率は前年比 3.6% (生鮮食品を除く) で、ブルームバーグが調査したエコノミストの予想 (3.5%) をわずかに上回りました。 9 月。

エネルギーを除くと、インフレ率はより緩やか(2.5%)でしたが、他の製品、特に食品の価格が上昇したため、9 月よりも強くなりました。

ロシア・ウクライナ戦争に関連したエネルギーと食料価格の上昇を反映して、列島のインフレ率は4月以降、日銀の目標(生鮮食品を除くと2%)を上回っている。

しかし、他の先進国と比較して緩やかなままであるこの「コスト・インフレ」は、日銀を満足させるものではなく、日銀は、日本で政策を引き締める条件がまだ整っていないと信じ続けています。

– 世界的な景気後退が間近に迫っている –

10 月末に、研究所は 3 月末に終了する 2022/23 会計年度のインフレ予測を +2.9% (生鮮食品とエネルギーを除くと +1.8%) に引き上げましたが、2023 年には 1.6% に低下すると予想しています。 /24 であり、2024 年も維持 /25 このレベル。

日銀はその際、「利上げや金融緩和の終了をすぐに期待すべきではない」と繰り返し、「持続的で安定した状態で物価の安定が達成されるような方法で金融政策を実施するつもりである」と付け加えた。 、それに伴う昇給の根拠」。

キャピタル・エコノミクスのダレン・テイ氏によると、2023 年の世界的な景気後退への恐怖は、日本にも打撃を与えると予想されており、銀行の前進を後押ししています。

「私たちは困難な経済状況に向かっており、日銀は金融政策の引き締めによって(日本の)経済をさらに危険にさらすことはありません」と彼はAFPに語った。

日銀の非常に緩和的な金融政策と、他国で見られる米国主導の引き締めとの間のこの大きな不一致により、円がドルに対して下落し、日本の輸入コストが上昇しています。

火曜日に発表された速報値によると、日本の貿易赤字は第 3 四半期の国内総生産 (GDP) を圧迫し、対前年比で 0.3% 減少した。

~「人口を守る」~

経済を活性化し、日本人の購買力を保護するために、岸田文夫首相率いる政府は、10 月末に 2,700 億ユーロに相当する大規模な景気刺激策を発表しました。

「エネルギーや食料などの基本的な商品やサービスの価格は上昇し続けているが(中略)政府はこれらの価格上昇から国民を守らなければならない」と、政府の松野弘和報道官は金曜日に述べた。

11 月初旬以降に観察された円高と世界的なエネルギー価格の下落傾向を考慮すると、一部のエコノミストは、特に岸田計画の行動の 1 つにより、第 4 四半期から価格の上昇が鈍化すると考えています。 1月の日本のエネルギー料金を削減することが期待されています。

ブルームバーグ・エコノミクスの増島由紀氏は、「インフレ率は第4四半期に約3.5%でピークに達し、2023年の第1四半期には2.8%まで減速すると予想しています。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です