インペラで治療された患者を対象とした大規模な多施設多企業研究で、心原性ショックの 30 日生存率が 81% であることが判明

日本の 109 の病院 (n=1,344) で治療を受けたすべての Impella 患者の治験責任医師による 3 年間の研究の結果は、心原性ショック (AMICS) の患者の 30 日生存率が 81% であることを示しています。 この研究は、2020年からの中間分析の更新であり、 2022年経カテーテル心血管治療(TCT)会議 ボストンで開催されます。

このプレスリリースにはマルチメディア要素が含まれています。 プレスリリース全文はこちらからご覧いただけます: https://www.businesswire.com/news/home/20220919005281/en/

キャプション: 研究者主導の Inova、NCSI、および J-PVAD 研究はすべて、患者が Impella を含むベストプラクティスで治療された場合、心原性ショックにおける過去の AMI 生存率よりも約 50% の改善を示しています。 (画像:ビジネスワイヤ)

この分析では、Impella で治療された 293 人の連続した AMICS 患者を調査しました。 J-PVADレジスタは、日本循環器学会 (JCS) を含む 10 の日本の専門学会によって管理されている登録簿です。 その結果、30 日生存率は 81% でした。 インペラを使用しない心原性ショック後の過去の生存率は約 50% です。

「この研究の結果は、Impella を使用し、ベスト プラクティスに従うと、AMI による心原性ショックの患者で 80% を超える心臓の回復と生存率を達成できることを示しています」神奈川県北里大学病院循環器内科部長。

これらの結果は、 全国心原性ショックイニシアチブ研究 (NCSI) および Tehrani らによる Inova の研究インペラの使用と、経皮的冠動脈インターベンション (PCI) の前にインペラを留置するなどのベスト プラクティスにより、生存期間が大幅に増加したことを示した (写真1を参照)。

J-PVAD データは独立して監視され、独立行政法人医薬品医療機器総合機構 (PMDA) と共有されます。

インペラ心臓ポンプについて

Impella 2.5、Impella CP®、Impella CP with SmartAssist、Impella 5.0®、Impella LD®、および Impella 5.5® with SmartAssist® は、心原性ショックにおける心臓発作または心筋症の患者の治療について米国 FDA に承認されており、独自の能力を備えています。自然な心臓回復を可能にし、患者が自分の心臓を持って帰宅できるようにします。

アビオメッドについて

米国マサチューセッツ州ダンバーズに本拠を置くアビオメッド (ABMD) は、市場をリードする医療技術企業であり、循環サポートと酸素化ソリューションを提供しています。 当社の製品は、血流を改善し、および/または呼吸不全のある人に十分な酸素を提供することにより、心臓が回復できるように設計されています. 詳細については、次を参照してください。 http://www.abiomed.com.

将来の見通しに関する記述

証券取引委員会に提出されたアビオメッドの定期報告書に記載されているように、すべての将来見通しに関する記述はリスクと不確実性の影響を受けます。 実際の結果は、予想される結果と大きく異なる可能性があります。

翻訳されたプレス リリースのテキストは、決して公式と見なされるべきではありません。 プレス リリースの唯一の正真正銘のバージョンは、元の言語のプレス リリースです。 翻訳は常にソース テキストと比較する必要があり、これにより前例が設定されます。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。