ウェールズラグビーユニオン | ウェールズと地域

ワールドラグビーの公式試合選考委員会によって行われたノミネートは、ラグビーワールドカップフランス2023への道のりにおける新たな節目となります。

WRUのナショナル・レフリー・パフォーマンス・マネージャーであるポール・アダムズは、次のように述べています。

「クレイグ・エヴァンスはウルグアイ戦でトンガの主審に選ばれ、アダム・ジョーンズはカナダ戦のオランダとブリストル・ベアーズ戦の南アフリカのセレクトXVの2試合で報われた。 彼には副審としてリス・ジョーンズとベン・ブレイクスピアが加わり、イアン・デイビスが南アフリカ戦のTMOとなる。

さらに、エバンスは、トゥイッケナムでのイングランド対日本戦と、パリでのフランス対オーストラリア戦の AR に出演します。 ジョーンズは、スコットランド v フィジーとマンスター v SA セレクト XV の試合で AR を担当します。

ベン ホワイトハウスは、南半球への 8 週間の旅行から戻ってきます。そこでは、ラグビー チャンピオンシップで 2 つのゲームに TMO として参加しました。

女子ラグビーワールドカップから戻った彼女は、フランス・バーバリアンズ対フィジーとイングランド対南アフリカのボックスに入る。

Sean Brickell と Ian Davies が TMO として参加します。 ブリッケルはウルグアイ戦のルーマニアとウルグアイ戦のトンガのTMOであり、デイビスはブリストル戦に加えてオールブラックス戦のアイルランドのTMOです。

「今後数年間は、これらの若い審判にとってテスト期間になるだろう」とアダムスは言った.

「彼らは現在、テストマッチシーンに突入しており、テストアリーナでの地位を確立し、2027年ワールドカップの出場権を争うことを望んでいます. EPCRがクリスマス前に始まり、ギネス・シックス・ネーションズが始まる前に、今後数ヶ月で多くの機会があるでしょう.

すべての国際大会と同様に、エミレーツの公式任命は実績に基づいており、7 月の国際大会とラグビー リーグを徹底的に見直して決定されています。 いつものように、試合関係者は窓の外に集まり、ラインナップと一貫性を微調整します。これは、チームにとって継続的な必須事項です。

ワールドラグビー選考委員会委員長のグラハム・モーリー氏は、「来年のラグビーワールドカップに向けて、意思決定においてより一貫性と明確さを達成するために、グループとしてより良い結果を出すために常に挑戦しています。 チーム内には素晴らしい労働倫理があり、安全性、スピード、スペースが私たちの優先事項であることを引き続き保証します. »

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です