ウォール街と暗い指標をきっかけに東京

東京(awp / afp)-東京証券取引所は、前日のウォール街の下落と日本の大手工業企業の信頼指数が予想を下回ったことを背景に、金曜日の朝にわずかに下落した。

主要な日経指数は01:20GMTまでに0.4%下落して26,286.43ポイントになり、より広範な東証株価指数は0.23%下落して1,866.50ポイントになりました。

ニューヨーク証券取引所は、FRBの引き締めの中で米国の景気後退のリスクを依然として懸念していたが、木曜日に終了し、1970年以来の最悪の半年を終えた。

米国の新しいインフレデータ(FRBが支持するPCE指数)は、5月にその高水準を確認しました。 さらに、米国の個人消費は同期間に減速し、実質的には減少しました。つまり、インフレ調整済み​​です。

日本経済も懸念されている。東京証券取引所が開かれる前に金曜日に発表された四半期ごとの短観信頼度バロメーターは、日本の主要メーカーの士気が予想以上に低下したことを示した。

これらは、石油やその他の商品の世界価格の上昇による輸入価格の上昇、対ドルでの円安による要因、衛生規制によるサプライチェーンの混乱など、さまざまな逆風に直面しています。中国。

今日の価値観

三井物産と三菱商事:三井物産(-5.22%から2,838円)と三菱商事(-4.78%から3,844円)の株式は木曜日にロシアのウラジーミルプチン大統領として下落したメディアの報道によると、法令サハリン2石油・ガスプロジェクトの権利のすべての所有権を新しいロシアの会社に譲渡することが署名されました。

日本の2社は、日本の北にあるロシアの極東でこの重要なオフショアエネルギープロジェクトの22.5%の株式を保有しており、ロシアのウクライナ侵攻と英国の巨人シェルのプロジェクトからの撤退にもかかわらず、それを維持することを意図していました。

石油と通貨の側で

アジアの石油市場は、前日の損失の後、金曜日の朝に幾分回復した。 グリニッジ標準時01:00の時点で、米国のWTIバレルは0.35%増の106.13ドル、北海ブレントバレルは0.42%増の109.49ドルです。

木曜日の21:00GMTの135.72円に対して、01:15GMTの円は対ドルで135.88円下落しました。

しかし、日本通貨は前日と変わらず、142.29円のユーロに対して安定していた。 そして、ヨーロッパの通貨はグリーンバックに対して弱まり、木曜日の21:00GMTの時点で$1.0484に対して$1.0472で取引されました。

etb / mac / dt

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。