ウォール街のリバウンド後、東京証券取引所は躊躇する-2022年6月22日03:11

東京証券取引所は、米国と欧州の金融引き締めの中で市場が暗い週を過ごした後、ウォール街が力強く回復した翌日の水曜日の朝、明確な方向性なしに動いた。

主要な日経指数は01:00GMTまでに0.07%下落して26,228.32ポイントになり、より広範な東証株価指数は0.12%上昇して1,858.46ポイントになりました。

ブルームバーグのエージェンシーによると、野村アセットマネジメントの石黒秀之氏は、「米国市場は悲観論から脱しつつあり」、「インフレ抑制に関するバイデン政権の立場も安心の源である」と述べた。

岡三オンライン証券は声明のなかで、円に対するドル高は日本市場にとってプラスになるはずだと述べた。

日本銀行の超緩い金融政策と米連邦準備制度理事会の弾力性との間に大きなギャップがある中、日本通貨は火曜日の夜(日本時間)のグリーンバックに対して24年ぶりの安値まで下落し、ドルに対して136円を突破した。

今日の価値観

銀行での提携の可能性:日本のメガバンク三井住友フィナンシャルグループ(-0.14%〜4,046円)は、日本の金融グループSBIホールディングス(+ 3.89%〜2,616円)の資本の約10%の株式を検討すると報告している複数のメディアがあり、そのうちのいくつかは約600億円(4億2000万ユーロ)の金額を誓います。 メディアがSMFGに少額の出資をするというSBIホールディングスは水曜日の声明で、さまざまな選択肢を検討していると述べたが、現時点では何も決まっていないと述べた。

石油と通貨の側で

石油市場は下落しました。グリニッジ標準時00:50頃、WTIの米国バレルは1.4%下落して107.99ドル、北海ブレントのバレルは1.3%下落して113.16ドルでした。

外国為替市場では、火曜日の21:00 GMTで136.57円であったのに対し、円は前日下落した後、1ドルで136.34円で取引された。

日本の通貨もユーロに対して上昇し、1ユーロは前日143.85円に対して143.34円に相当しました。

欧州通貨は火曜日の1.0533ドルに対して1.0515ドルの価値がありました。

mac / ybl

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。