ウクライナの経済はすでに6000億ドルを失っていただろう…

午前8時45分:ブッチャでの最初の勝利、その後の再建

4月2日にAFPジャーナリストが20人の死んだ民間人を発見してから、3か月が経過しました。キーウの北西部郊外、ブッチャ、イルピン、ボロディアンカのロシアによる占領中に犯された残虐行為と破壊の最初の手がかりです。

7月の初めには、壊れた窓、銃弾の穴、穴だらけの壁など、戦闘の傷跡がまだどこにでも見られます。 BoutchaとIrpineを結ぶVokzalnaïaAvenueに沿って、破壊された、またはひどく損傷した建物、家、アパートのブロック、ショップ、ショッピングモールが並んでいます。

しかし、現時点では、復興は住民の主な関心事ではないようです。 ロシアの占領から逃れた彼らの多くが何週間も戻ってきたとしても。 この地域での新たなロシアの攻撃への恐れは、誰もが口にしている。

国境が北にわずか100キロ離れているベラルーシからの差し迫った攻撃の噂は、最近大きくなっています。 ウラジーミル・プーチンの最初の同盟国であるベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領のコメントに後押しされて、土曜日にウクライナ人が自国でロケットを発射したと非難し、報復を脅かした。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。