ウクライナの避難者を日本社会に統合するために、日本財団は寄付を呼びかけています

日本財団は、寄付を通じて10億円(750万ドル)を集めることを目標に、日本にウクライナの避難者のための支援基金を設立することを発表しました。 この金額で、奨学金をもらって日本語を学び、文化活動に参加して、日本社会に親しみ、日常生活を送ることができます。

6月13日、日本財団は、ロシアの侵略が始まって以来、日本に避難したウクライナ人のための救援基金の創設を発表しました。 大規模な寄付の呼びかけのおかげで、組織は10億円(710万ユーロ)を集めたいと考えています。

この金額は、日本語を勉強するための奨学金を提供するためだけでなく、次のような特定の必要な日々の費用を賄うためにも使用されます。 B.トランスポートカードの支払い。 また、彼らの統合を促進し、彼らが日本の社会や文化に精通するのを助けるために、ウクライナ人にスポーツイベント、フェスティバル、花火などの他の娯楽イベントなどの特定の地域コミュニティ活動に参加する機会を与える計画があります夏に群島全体で開催されました。

財団の笹川純平事務局長は、避難者が日本に定住し、最高の状態で暮らせることを願って、「温かい歓迎のメッセージのように」寄付を呼びかけた。

ウクライナ駐日大使セルギー・コルスンスキー氏は、この寄付は「日本を友だちと見なす国への投資」と見なすよう求め、「ウクライナは農業とITの才能に溢れている」と付け加えた。 日本の避難者は、両国間の架け橋として機能し、これらの分野でのスキル共有のための効果的なシステムを構築することができます。」


(左から右へ)駐日米国大使のラーム・エマニュエル、日本財団常務理事の笹川純平、ウクライナ駐日大使のセルギー・コルスンスキー。

ハルキウから逃げた同じ家族からの3人のウクライナ人が記者会見に出席した。 マーク・イェレネッツ(22歳)はノルウェーで勉強した後、最終的にはウクライナに戻って軍隊に加わりました。 しかし、入学基準を満たしていないため、入学できませんでした。 現在日本に避難している彼は、言語を学びながら、国の歴史と文化についての知識を深めることを楽しんでいます。 「大学で修士号を取得し、自分のスキルを発揮できる仕事を見つけたいと思っています。 »»

彼女の18歳の妹、Rimma Yelenets-Memorは、ポーランドの大学でデザインを学び、現在、日本からのビデオ会議を通じて彼女の教育を続けています。 彼女は兄と同じように、日本の大学に入学するための同等性を獲得したいという野心を持っています。 「私が日本語をマスターするとすぐに」と彼女は言った。

マーク・イェレネス
マーク・イェレネス

寄付はオンラインで行うことができます 日本財団救援基金専用サイト総額1,000円から2022年9月まで。

(表紙写真:6月13日日本財団記者会見左から右に、リマとマークの母オクサナビラ、マーク・イェレネッツ、リマ・イェレネッツ-メモ)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。