ウクライナは、ドンバスの「運命」が危機に瀕しているセベロドネツクに重火器を要求している

リシチャンシク:ウクライナ大統領によると、ウクライナは木曜日に、ドンバスの戦い全体が戦うことができる戦略都市セベロドネツク(東)を迅速に奪還することを可能にする西部の「長距離」砲兵器を要求した。

Volodymyr Zelenskyy大統領によると、セベロドネツクのウクライナ兵は2月24日に戦争が始まって以来、「最も過酷な戦い」の1つと戦っています。

「多くの点で、私たちのドンバスの運命はそこで決定されるでしょう」と水曜日の夜に公開されたビデオでゼレンスキーは言いました。

この都市を占領することは、モスクワの別の主要なドンバス都市であるクラマトルスクへの道を開き、2014年以来親ロシアの分離主義者によって部分的に保持されてきたロシアの国境地域全体の征服における大きな一歩を示します。

しかし、ウクライナは、西側の「長距離」砲兵器を手に入れれば、セベロドネツクを「2、3日で」奪還する可能性がある。

モスクワの軍隊からの圧力に直面して、ウクライナ人は彼らの西側の同盟国に彼らの自由に使える短距離兵器よりも強力な兵器を絶えず要求している。

ロシアのシステムよりわずかに長い約80kmの範囲のいくつかのロケットランチャーシステムの納入がワシントンとロンドンによって発表されましたが、ウクライナ人がいつそれらを配備し始めることができるかは不明です。

ウクライナ国防相のオレクシー・レズニコフ氏は、これらの兵器は、ロシア軍との戦闘で毎日「最大100人の兵士」が殺され、「500人が負傷した」ことを嘆くため、ウクライナにとってさらに緊急を要すると述べた。 ゼレンスキー氏は6月1日、彼の軍隊は1日に60人から100人の兵士を失っていると述べた。

消耗戦争

ガイダイ知事によると、木曜日には、ウクライナ人によって支配されているセベロドネツクの工業地帯で、街頭戦闘と「絶え間ない」ロシアの砲撃が続いた。 「私たちの軍隊が彼らを押し戻すと、砲撃が再び始まり、それはずっと続く」と彼は言った。

先週、セベロドネツクはロシア軍に転落する寸前に現れたが、ウクライナ軍は数が多いにもかかわらず反撃した。 しかし、知事によると、ロシア軍は水曜日の夜の時点で、都市の「大部分」を支配し、支配している。

特に、ロシア軍は大規模なアゾット化学プラントを少なくとも2回爆撃し、アンモニウム生産センターを攻撃したと彼は述べた。

工場を所有しているウクライナの有力者DmytroFirtachの弁護士によると、約800人の民間人がこの工場に閉じ込められ、そこに避難したとのことです。 ウクライナ当局はこの情報を確認していません。

セベロドネツクの隣接都市であるリシチャンスクは、ウクライナ軍によって完全に支配されているが、「強力な」砲撃を受けているとガイダイ知事は、ロシア軍が病院や麻薬流通センターを「意図的に」標的にしたと非難した。

多くの民間人がセベロドネツクとリシハンスクを避難させたが、数千人が後ろにとどまった-高齢者、彼らの世話をする人々、または他の場所に行く余裕がなかった人々。

「毎日爆撃があり、毎日何かが燃えています」と、多くの損傷した建物と焦げたパビリオンがあるリシチャンスクの地区に座っているユーリ・クラスニコフは証言します。

「私を助ける人は誰もいない」とこの年金受給者は不平を言う。

キーウによると、ロシア人はまた、ドネツク地域、ドンバスの他の部分を「最前線全体に沿って」集中的に爆撃しており、4人の死者と11人の負傷者が記録されている。過去24時間。

モスクワの軍隊はこれまでのところゆっくりとした進展を遂げており、西側のアナリストは、2月24日に始まったロシアの侵略は消耗戦争に変わり、大規模な破壊と大規模な死傷者を犠牲にして進展は限定的だったと述べています。

「悲惨の波」

ロシアの攻撃から100日以上経った今でも、世界の戦争の影響は財政的にも食糧とエネルギーの面でも悪化し続けており、16億人に影響を及ぼしていると、国連事務総長は水曜日に警戒しました。 。

「世界中の人々にとって、戦争は前例のない飢餓と悲惨の波を解き放ち、その結果として社会的および経済的混乱を残す恐れがある」とグテーレスは警告した。

「この醸造の嵐を止める唯一の方法があります:ウクライナへのロシアの侵入は止めなければなりません。」

ロシアの黒海艦隊によるウクライナの港の封鎖は、国の主要港であるオデッサをはじめとして、穀物の輸出、特に小麦の輸出を台無しにしており、戦前に世界第3位の輸出国になる予定でした。

アフリカと中東の国々が最初に襲われ、深刻な食糧危機を恐れています。

ゼレンスキー大統領は木曜日、ロシアの国連食糧農業機関(FAO)からの追放を求めた。 「ロシアが少なくとも4億人、さらには10億人以上の人々に飢餓を引き起こしたとしたら、ロシアはどこにいるだろうか」と彼はOECD閣僚会議のビデオ会議スピーチで発表した。

モスクワが制裁措置による不足を西側に非難したため、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は水曜日にアンカラでトルコのメヴリュット・チャブソグルと会い、黒海での穀物輸送の再開を可能にする「安全な海の回廊」について話し合った。 。

急騰するインフレ

国連の要請により、トルコは、地雷が存在するにもかかわらず、ウクライナの港から海上輸送船団を護衛することを申し出ました。

記者会見で、ラブロフは、ロシアが「トルコの同僚と協力して、ウクライナの港を出港する船舶の安全を確保する準備ができている」と保証した。 しかし、彼らの議論の後、具体的な提案は発表されませんでした。

価格の上昇もロシアに大きな打撃を与えており、インフレは20年ぶりの高水準に達しています。 公式データによると、5月に下落したものの、1年で17.1%に達した。

国際金融協会(IFF)は、ロシア経済が今年15%縮小し、2023年にはさらに3%縮小すると予測しています。

戦争は数千人の命を奪った。最新の国連報告によると、実際の数は「はるかに多い」とされており、少なくとも4,200人の民間人と数千人の兵士がいる。

紛争により、約650万人のウクライナ人が自国から逃亡しました。 2月24日以来、ヨーロッパ全土で約500万人の難民が登録されていると、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が木曜日に発表しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。