ウクライナ:キーウにある米国大使館の再開

国境なき記者団が2つ目を開設しました報道の自由センター「ウクライナでは、リヴィウでの最初の試合から2か月後、キーウで、水曜日にNGOがすでに発表した」440防弾チョッキロシアの侵略を報道する記者に。 この新しいアンテナは、「さらに発展する」という活動を「可能にする」でしょう。ヘルメットや防弾チョッキなどの配布、トレーニングRSFのプレスリリースによると、地上の記者はウクライナ人であろうとなかろうと。

首都の中心部にあるプーシキンスカ通り39番地に「RSFのパートナー組織である国境なき記者団(IMI)の敷地内に」設置されているという。 センターのコーディネーターであるAlexandreQueryによると、プレスリリースで引用されているように、NGOが「職業を保護するための最前線に立つ」ことを可能にするのに十分です。

コンクリート: “危険地域に移動する軍隊に認定されたジャーナリストは、リヴィウ(国の西部、編)で、そして現在はキーウでもlvivpfc@rsf.orgに連絡して機器を借りることができます。‘RSFについて説明します。 最初のセンターは、特に当時不足していた保護具の再梱包を目的として、3月9日に開設されました。

NGOは、440の防弾チョッキを配布することに加えて、「これまでに」「199のヘルメット、630の外傷救急箱、250の外部太陽電池」の納入を主張しています。 「」少なくとも180人のジャーナリストとその他のインフォメーションワーカーが報道の自由センターから融資を受けており、その40%はウクライナ国民です。‘NGOを追加します。 彼らの地元のパートナーであるIMIとウクライナの全国ジャーナリスト連合(NUJU)も、「210ベストと125ヘルメット「、RSFについて説明します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。