エネルギー:日本は石炭への依存を減らしたいという願望を繰り返します

東京(ロイター)-日本は金曜日、石炭への依存を可能な限り減らしたいという願望を繰り返し、「非効率的な」石炭火力発電所を2030年までに段階的に廃止する計画を立てた。

日本の萩生田経済貿易産業相は、7カ国グループのエネルギー・気候・環境大臣からまだ発表されていない声明について尋ねられた後、声明を発表した。

ロイターが見た声明草案によると、G7加盟国は、2030年までに石炭を段階的に廃止することを検討するだろうが、情報筋は、米国と日本からの反対が計画を保留にする可能性があると示唆している。

「非効率な石炭火力発電所は2030年までに段階的に廃止し、2050年までに水素、アンモニア、炭素の吸収、使用、貯蔵を利用する火力発電所に置き換える努力を続ける」と萩田浩一氏は記者会見で述べた。 。

日本の政策は、いわゆる「効率的な」石炭火力発電所の継続的な運転を認めている。 政府は昨年、石炭の発電シェアを2019年の32%から2030年までに19%に削減することを目指していると述べた。

「安定したエネルギー供給を確保し、ロシアのガスへの依存を減らすために、LNGへの投資と開発への投資を奨励することで供給源を多様化する」と萩田浩一氏は天然ガス問題について付け加えた。

(レポート大林優香、フランス語版カミーユ・レイノー)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です