エプソンは新しいプロジェクターを買いだめしています

合計 6 つの新しいリファレンスがデビューします。 超短焦点距離、4K解像度、コンパクトさ、エプソンは万人向けの何かを持っています.

の市場 プロジェクター は、ハイエンドの超短焦点モデルをますます歓迎しています。これは、壁に近接しているため、狭いスペースに理想的なテクノロジーです。 LG や Philips などのブランドは、最近、この方向へのオファーを更新しました。

今度は、エプソンが IFA 2022 でこの分野の最新のイノベーションを発表する番です。 廉価モデルも登場。

EpiqVision Ultra: 2.5 cm の距離で十分

日本企業は、この最上位モデル EH-LS800W/B を ” スーパーウルトラショートスロー」。 製造元によると、80 から 150 インチまでの画像を送信でき、反動を最小 2.3 cm に抑えることができます。 あらゆるタイプの空間に適応するもの。

695 x 341 x 156 mm の寸法と 12.3 kg という巨大な重量を持つこのスマート プロジェクターは、Android TV と互換性があり、さまざまな高度な技術を体現しています。

Epson EpiqVision Ultra とその超短焦点。©エプソン

レーザー投影システムに基づいて、最大 4K PRO-UHD の解像度の画像を提供します。 また、高輝度 (最大 4,000 ルーメン) と 2,500,000:1 のコントラストもメリットです。 おまけとして、240Hz のリフレッシュ レートと 20ms の短縮されたレイテンシーを備えているため、ゲームに適しています。

没入感を高めるために、ヤマハスピーカーシステムが装備されています。

ホワイトとブラックがあり、価格は €3699 です。

4K の有無にかかわらず手頃な価格のモデル

エプソンの最も高価なモデルではありませんが、EpiqVision Ultra は予算に優しくありません. そのため、メーカーは、EH-TW6150 および EH-TW6250 を含む、より手頃な価格のプロジェクターの範囲を、エレガントで丸みを帯びたデザインと軽量化 (4.1 kg) で充実させています。

4K表示をお求めやすい価格で実現したプロジェクター「EH-TW6150」。
4K表示をお求めやすい価格で実現したプロジェクター「EH-TW6150」。©エプソン

EpiqVision Ultra と同様に、4K PRO-UHD で送信し、20 ミリ秒の低遅延で送信しますが、超短焦点は問題ありません。 画像は最大輝度 2800 ルーメン、コントラスト 35,000:1 で投影されます。 500インチの高さに達することができます。 これらの 2 つのモデルには、プロジェクターの位置や向きに関係なく、鮮明で歪みのない画像を提供するレンズ シフト テクノロジも搭載されています。 EH-TW6150 の価格は 1,249 ユーロです。 さらに Android TV を搭載した EH-TW6250 は、1,299 ユーロで提供されます。

メーカーの中で最も安価でコンパクトな CO-FH02 プロジェクター。
メーカーの中で最も安価でコンパクトな CO-FH02 プロジェクター。©エプソン

最後に、エプソンは 2 つの最新モデル、CO-FH02 と CO-W01 を発表します。これらは、重量がわずか 2.6 kg と 2.4 kg で、特にコンパクトです。 3000 ルーメンの明るさを共有する場合、前者は FHD 解像度と Android TV へのアクセスの恩恵を受けますが、後者は CO-W01 にはなく、これも WXGA 定義に制限されています. CO-W01 と CO-FH02 は特に手頃な価格で、通常の家族での使用に適しており、それぞれ 549 ユーロと 799 ユーロで入手できます。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。