エミレーツ通信 – ハレド・ビン・モハメド・ビン・ザイードは、アラブ首長国連邦と日本の間の戦略的パートナーシップ協定の立ち上げに出席します

2022 年 9 月 26 日、東京、日本 (WAM) — アブダビ執行評議会のメンバーであり、UAE 代表団を率いるアブダビ執行事務所の議長であるシェイク・ハレド・ビン・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヤン殿下は、日本の文雄首相と会談しました。東京の岸田。

シェイク・ハレド・ビン・モハメド・ビン・ザイードは、シェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン大統領殿下の挨拶を日本の総理大臣に伝えました。

会談中、殿下は、故安倍晋三首相がUAEを訪問した際に2018年に発表された、UAEと日本との間の戦略的パートナーシップ協定の立ち上げに立ち会われました。

このパートナーシップの開始は、両国関係の 50 周年のお祝いと一致しており、開発を促進し、社会的および経済的成長を強化するために、さまざまな分野で両国間の協力を強化することの重要性を強調しています。

戦略的パートナーシップ協定は、外交、経済、政治、貿易のパートナーシップを促進し、両国への投資を促進することにより、共通の利益に役立つ二国間関係を強化することを目的としています。

パートナーシップの主な分野は、外交、国際開発と人道的取り組みの強化、ビジネス環境の改善によるビジネス、貿易、エネルギー、産業における協力であり、テクノロジー、インフラストラクチャ、人工知能、ヘルスケア、中小企業への貿易と投資を促進します。農業、環境、気候変動ソリューション、教育、科学技術、防衛、安全保障など、その他の優先度の高いセクター。

アラブ首長国連邦産業・先端技術大臣兼駐日特使スルタン・ビン・アーメド・アル・ジャーベル、駐日アラブ首長国連邦大使チェハブ・アフメド・アル・ファヒム、外務・国際協力省の関係者多数が出席ミーティング。

今回の訪問は、経済、貿易、外交の分野におけるUAEと日本の二国間関係の深さを反映しています。 日本は 1971 年に UAE と外交関係を樹立した最初の国の 1 つであり、1973 年 12 月には東京に UAE 大使館が、1974 年 4 月にはアブダビに日本大使館が開設されました。

2021 年の統計によると、UAE は、UAE から石油の 20% 以上を輸入しているため、日本の世界で 10 番目に大きな貿易相手国であり、日本のトップの戦略的エネルギー パートナーでもあります。 両国間の非石油貿易量は、2021 年に 490 億 AED を超え、2022 年上半期には回復を続け、危機前の 19 年間の水準、つまり約 257 億 AED に達し、2.7% の増加に相当します。 2021年上半期から。

アラブ首長国連邦には、テクノロジー、再生可能エネルギー、輸送、ヘルスケア、インフラ、製造など、さまざまな分野で事業を展開する 340 以上の日本企業の本拠地もあります。 この国への日本の投資額は140億ドルを超えました。

翻訳: Gihane Fawzi.

http://wam.ae/ja/details/1395303086869

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です