エンジンは2025年までホンダ製

ホンダは今後3シーズンでF1に足場を築く。 レッドブル・レーシングとアルファタウリのチームは公式には「レッドブル・パワートレイン」という名前のエンジンを使用していますが、実際には昨年まで開発されていたホンダのエンジンです。 実際、日本のエンジンメーカーとオーストリアのグループは当初、2022 年と 2023 年にこの技術の使用を許可するという合意に達しました。 しかし、HRCの渡辺浩二社長が最近発表したように、ホンダはあと2シーズン、「両チームのパートナー」であり続ける。 レッドブル・グループはプレスリリースで、現在の規制サイクルが完了するまで、つまり2025年シーズンの終わりまで日本のブランドとの関係が維持されることを確認し、フォーミュラ1でのレッドブル・パワートレインのサポートを継続することに合意した。 HRC 経由で、HRC が既存のリソースで満たすことができる現在の契約を延長する Red Bull の要求に従います。

ゼロから始める Red Bull Powertrains

レッドブルのモータースポーツ特別アドバイザーであるヘルムート・マルコは、この新たな合意に満足している。 「我々はこれまで良好な関係を築いてきた。2021年にドライバーズチャンピオンシップを獲得し、現在は2022年に両方のタイトルを獲得することを目指してドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズチャンピオンシップをリードしている」とオーストリアのリーダーは付け加えた。 ホンダの当初の意図は、レッドブル パワートレインズが F1 の将来に備えることができるように、すべての知的財産をレッドブル パワートレインズに譲渡することでしたが、このレベルで逆転がありました。 オーストリアのグループのこの子会社は、2026年とポルシェとのパートナーシップを見据えてすでに作業を開始していますが、ホンダが開発した技術を使用せず、F1のレギュレーションメーカーの目には新しいエンジンと見なされます. 分野のリーダーが潜在的な新規参入者への譲歩を熟考するにつれて、Red Bull Powertrains は最大限の利益を得ることができます。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。