オクシタニアで初の日本週間のキックオフ

本質的な
11 月 20 日の日曜日、フランスと日本の親善試合がトゥールーズで行われ、それはオクシタニアでの日本の第 1 週のプロローグでもありました。 金曜日から、160 の会議が、この地域と列島との間の関係の発展を象徴します。

2016年以来、オクシタニアは日本、特に京都と愛知地域(名古屋県)との経済的、科学的、文化的パートナーシップを大幅に拡大してきました。 「私たちの経済関係の流れは3倍にもなりました」と国際関係担当副社長のナディア・ペレフィーグは昨日の朝、オテル・ド・レギオンと地域の経済、制度、スポーツのプレーヤーのレセプションで語った.

フランスと日本の親善試合前のこの会談でカメル・チブリ副大統領の言葉を使うのは、「私たちが常に強化したい友情」の証拠ですか? 特にキャロル・デルガ大統領は、次のワールドカップのためにトゥールーズとオクシタニアをベースキャンプにするよう日本のラグビーチームを説得した.彼は本質的にこの自発的な性質を思い出した.

しかし、11 月 25 日のオクシタニアでの日本の第 1 週の公式スタートでも実現するダイナミクスには、「このテスト マッチ」が含まれます。 [était] 最初の大きなイベント」、特に「ハーフタイムでの坂倉克己のショー」は、今週の日曜日に村田総領事の笑顔でした.

地域が支援するこの初版は、2020 年に伊原順一大使と財団グループ デペッシュ マリー フランス マルシャン ベイレの会長によってトゥールーズで立ち上げられ、友情協会に委託されました。 また、過去 6 年間にフランスで構築されたアジアの大手投資家とのさまざまな関係を発見し、促進し、祝うために、「12 月 2 日までに 160 以上のイベントが提供される予定です」と Yujo のプレジデントである Bruno James 氏は指摘します。 オクシタニアの日本は逸話的ではないからです。

モンペリエの堀場(臨床化学の巨人)とアシックス(スポーツ用品の製造業者)、またはトゥールーズでの2020年以来の宇宙分野でのALEの作成、レベルでの栄養と健康を忘れずに…」このように、約30人の日本人4,000 人以上の従業員と約 2,000 人の日本人がオクシタニアに住む私たちを設立した企業は、私たちのダイナミズムに貢献しています」とブルーノ・ジェームズは回想します。

日本の無呼吸漁師である海女と会って、セットでの賢明で持続可能な漁業について話し、トゥールーズのリセ・ベルテロで開催されたジャパン・デーは、今週オクシタニアの20の学校の動員を示しています。プログラム(1)は数十で豊富ですまた、Japan Infos発行の「オクシタニアの日本ガイド」でも詳しく紹介されています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です