オタワは日本の電気自動車メーカーを国に引き付けたいと考えています

フランソワフィリップシャンパーニュイノベーション大臣は、カナダの自動車産業と鉱業産業の相乗効果により、より多くの自動車メーカーが電気自動車とそれに電力を供給するバッテリーを製造するようにカナダに定住するよう説得できると述べています。

昨年春の8週間で、自動車メーカーとバッテリーメーカーは、部品、バッテリー、バス、電気自動車の製造を含む、カナダへの130億ドル以上の投資を発表しました。

これらの発表のいくつかは、既存のシステムの変換または拡張にも提供されました。

シャンパーニュ大臣は今週日本を訪れ、三菱、日産、スバルなど、まだカナダにいない自動車メーカーと会う予定です。

大臣は、カナダが熟練した労働力、必要な原材料、そしてサプライチェーンが製造業者にとって深刻な頭痛の種である世界で望ましい安定性を持っていることをこれらの企業に納得させたいと訴えています。

「安定性、予測可能性、法の支配は高い需要がありますが、供給は不足しています」と彼は企業に話すのが好きです。

すでにカナダの工場を電気自動車に改造している巨人のホンダとトヨタとの会合も計画されているが、交渉は同じではない、と大臣は認めている。

「」カナダですでに存在感を確立している人々と話すとき、彼らはすでに投資をしているので、それは異なります“、彼は気づきます。

他のメーカーについては、シャンパーニュ氏は、彼らの大多数が投資する前に、才能、エコシステム、およびリソースの3つの要素を探すように言ったと報告しています。

「」全体として、カナダは優先サプライヤーになりつつあります‘大臣は言います。

日本への旅行は、昨年春のヨーロッパへの以前の旅行に続きます。そこでは、シャンパン氏は、世界最大の自動車メーカーの称号を求めてトヨタと定期的に競争しているフォルクスワーゲンなどのドイツの自動車メーカーと会いました。

秋に向けて、大臣は韓国を含むアジアへの別の旅行を計画しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。