オーディオ: Devial​​et が資金調達危機の中で 5,000 万ドルを調達

投稿日: 2022 年 9 月 13 日 20:30

募金活動を開始するのに今ほど悪い時期はなかったと思いますが、Devial​​et はちょうど 1 つを完了しました! ラウドスピーカー、ヘッドフォン、ハイエンド サウンドバーのスペシャリストである同社は、昨年 1 月に開始された資金調達ラウンドで 5,000 万ユーロを調達しました。

ナゲットにとっては、資金調達を求める多くの企業と同様に、インフレの上昇とテクノロジー市場価値の下落により、その作業が複雑になる可能性があります。 Devial​​et のゼネラル マネージャーである Franck Lebouchard は、次のように述べています。 さらに悪いことに、Devial​​et の主要な国際市場である中国は昨年の春に閉鎖されました。

慎重な進行

積極的な成長に頼る代わりに、上司は今、会社とその 400 人の従業員を今後の経済的な嵐から守り、売上を慎重に増やしたいと考えています。 「2 年以内に黒字化できると思います」と彼は予測し、マーケティング予算を単純に削減するだけでプラスの純利益を得ることができると付け加えました。

Korelya Ventures (Fleur Pellerin が管理するファンド) と金融会社 Agache (Les Echos の所有者である Bernard Arnault の持ち株会社) を株主に持つ Devial​​et は、双方向の成長率を記録しています。 2016 年の 1 億ユーロの資金調達に続き、 さらに1600万ユーロ 2019 年に欧州投資銀行から 3,500 万ユーロの融資を受けました。

謎の投資家

Crédit Mutuel Equity と Bpifrance の 2 人の歴史的な投資家が新しい資金調達に参加します。 調達は謎の投資家によって完了します。 「微小電気機械部品 (Mems)、触覚センサー、スピーカーで世界をリードするのはアジアのグループですが、この分野は非常に競争が激しく、名前を挙げられません」と Franck Lebouchard 氏は概説します。

このメーカーは、Devial​​et と重要なライセンス契約を結ぶことも期待されています。 彼は 4 年間、自動車、バーチャル リアリティ ヘッドセット、さらには中国のスマートフォンでフランスのブランドを推進していきます。 同社の収益の約 10% は、特に Huawei、Free、Sky とのこの種の取引によるものです。 残りは、象徴的なファントムスピーカー(2300ユーロから)を含む製品販売の結果です。

現在もヴォー ル ヴィコント (セーヌ エ マルヌ) とモンドヴィル (カルヴァドス) の近くで製造されており、デビアレの機械の 80% は輸出され、その 40% はアジアに輸出されています。 中国では、このグループは、大手高級ブランドに続いて「メイド・イン・フランス」の位置付けの恩恵を受けています。同社は、後者を代表するコルベール委員会に参加したばかりです. Devial​​et は 3 年間でアジアでの売上を 3 倍に伸ばしました。特に、中国に 6 店舗、韓国に 5 店舗を開設し、日本、香港、台湾、インドネシアに販売拠点を設けることは言うまでもありません。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。