オートバイ。 日本GPを前に、クアルタラロの脅威はますます明確になっている

残り 5 レースで、このフランス人選手は、過去 5 つの GP のうち 4 勝を挙げているイタリアのバニャイア (201 ポイント) にわずか 10 ポイント差でアジアに到着します。

トリノ人自身は総合順位で、スペイン人エスパルガロ (アプリリア) にわずか 7 ポイント (194 ポイント) 差をつけられており、現在の世界チャンピオンとの差は 17 ポイントにまで拡大しています。

勝利には 25 ポイントの価値があることを知っているヤマハのライダーは、最後のレースで大敗した後、競争の先頭に立ちたいのであれば、もはやミスを犯す権利がないことを知っています。

クアルタラロが肉体的に「完走」したことを認めた場合、胸の火傷と足の痛みがあったが、彼が最も目にしたのは、順位表で対戦相手が彼を追い抜いた様子だった (バニャイアは 2 位で、エスパルガロは 3 位だった)。

「隙間を埋めるには多すぎる」

トップトリオの後ろに、チャンピオンシップで4位(163ポイント)のエネアバスティアニーニ(クアルタラロに48ポイント差)は、アラゴンで彼がまだ足元に何かを持っていることを示し、レースの最後のラップでバニャイアから勝利を奪いました。

また、タイトル争いに何を招待しますか? 「差を縮めるには48ポイントは多すぎる」とドゥカティ・グレシーニのイタリア人ドライバーは認めた。

そして続ける:「しかし、チャンピオンシップの最後の部分で競争力を発揮するために、この方向に進みたい」と、2023年にバグナイアと共にドゥカティのファクトリーチームに加わる予定の彼。

ホンダ側では、マルク・マルケスが、右腕の手術で 3 か月間離脱した後、2 年で 4 回目の GP 完走を熱望している。

先週争われていたスペイン人は、クアルタラロとの衝突の後、タオルを投げることを余儀なくされました.

シーズンの終わりを利用して 2023 年に向けて調子を取り戻すと語ったマルケスは、常にその統計を維持することができます。彼は、もてぎサーキットで最も成功したグリッド上のドライバーであり、通算 5 回の勝利を収めています。カテゴリ。 、 の 3 つを含む モトGP. 彼は、2019年にまだ分野のチーフだったときに、日本での最後の勝者のままです。

雨が予想される

「彼の」グランプリについては、アラゴンで転倒した後、日曜日のレースで日本人の中上隆章の存在はまだ確保されていません。 フランス人のマルケスとの中毒の過程でマルケスに襲われたホンダ LCR ドライバーは、右手に苦しんでいます。

2020年の世界チャンピオンであるジョアン・ミールは、昨年8月のオーストリアで足首の怪我を負った後、ラウンドを欠場することが確認されました。 このスペイン人は鈴木のコントロールで日本の津田拓也に取って代わられ、とにかくこのイベントのワイルドカードの恩恵を受けるはずです.

日本では、3 週間後に開催される一連の 3 つのレースの第 2 レグ (アラゴンの後、タイの前) で、今週末、パドックの通常のプログラムは、機器を時間どおりに直接入手するためのロジスティクス上の理由から逆になります。スペインから。

フリープラクティスセッション 2 と 3 は土曜日に行われます。 雨の中 ? 先週の日曜日に台風ナンマドルが通過した後、天気予報によると、週末は雨が続くはずです… 2019年のように.

ミラーとドゥカティが初の日本テストを制し、クアルタラロが3位

オーストラリアのジャック ミラーは、金曜日の日本グランプリの最初のフリー走行セッションで最速タイムを記録し、ドゥカティのチームメイトであるフランチェスコ バニャイアとポイント リーダーであるフランスのファビオ クアルタラロ (ヤマハ) を 3 位で下しました。

雨が予想される週末の気象条件を示すものではない乾いたトラックで、スペイン人のアレイシ エスパルガロは、彼のアプリリアのハンドルバーで 4 番目に速いタイムを記録しました。

もてぎサーキット最後の優勝者で、6度の世界チャンピオン。 モトGPスペイン人のマルク・マルケスは、5 位のイタリアのルカ・マリーニ (Ducati-VR46) に次ぐ 6 番手タイムを記録しました。

グリッドで 2 番目のフランス人ドライバー、ヨハン ザルコは、金曜日にセッション終了時にクラッシュしたため 11 位でしたが、直接 Q2 に進出したいのであれば、タイムを改善する必要があります。

前回の GP の勝者であるイタリアのエネア バスティアニーニ (ドゥカティ グレシーニ) も 14 位でしたが、これもテストの最後の瞬間に転倒の犠牲者でした。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です