オープニングステージを終えてオジエがラリージャパンをリード

フランス人のセバスチャン・オジエは、名古屋の南東に位置する愛知で木曜の夜に開幕したスーパースペシャルで最速タイムを記録し、世界ラリー選手権(WRC)の最終戦であるラリー・ジャパンでリードを奪った。

2 週間前にスペインで優勝した 38 歳の 8 回の世界チャンピオンは、アイルランド人のクレイグ ブリーンのフォードとオット タナックのヒュンダイをそれぞれ 1/10 秒と 2/10 秒上回っていました。

「準備は大変だったが、ヴィンセントは今のところ良い仕事をしている(…)。深刻な事態は明日から始まる」コ・ドライバー。

フィンランドのカッレ・ロバンペラ(トヨタ)は、10月初旬にニュージーランドで22歳、1日で最年少のWRC世界チャンピオンとなったが、暫定5位、6/10でオジエに遅れをとっている。

「金曜日は、困難で狭いステージで非常に長い一日になるだろう。 このようなものはこれまでに見たことがないので、まったく新しい挑戦になるでしょう」とロバンペラはスーパースペシャルの最後に語った.

12年ぶりにカレンダーに戻ってきたラリージャパンは、金曜日に3ステージ2ラウンド(合計19ステージ)で再開する。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です